聖書からよもやま話

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    「私」の罪と「私たち」の罪【聖書からよもやま話318】

    赤信号、みんなで渡れば怖くない。イエス様、みんなで殺せば怖くない。民主主義、みんなで決めれば怖くない。いえいえ、それ…

  2. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    目標以上の成果を求めない【聖書からよもやま話317】

    モーセにとって正しかったのは「神様に命じられた通りのものを作る」ことでした。命じられた以下のものしかできないのはもち…

  3. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    弱いからこそできることがあります【聖書からよもやま話316】

    分かりやすい弱さがあるということは、人間にとって必ずしも悪いことばかりではありません。その分かりやすい弱さによって心…

  4. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    神様が本当に欲しいもの【聖書からよもやま話315】

    僕たちは時として、神様が明確に欲しいと言っている礼拝や祈りや献金を後回しにして、勝手に「神様はこれを喜ぶに違いない!…

  5. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    合意のない「約束」は約束ではありません【聖書からよもやま話314】

    約束というのは相互に話し合って合意した時に成立するもので、どちらかが一方的に「こうしてくれたら嬉しい!約束だからね!…

  6. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    外側に声をあげるより先にやるべきこと【聖書からよもやま話313】

    聖書を信じていない人たちに対して「それは聖書に反している!」と抗議の声をあげても、それは相手には響きません。それより…

  7. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    神様の助けを受ける時は焦らなくていい【聖書からよもやま話312】

    神様の助けを受ける時、僕たちは焦らなくて良いんです。自分のペースで落ち着いて行動すれば良いんです。だって神様は僕たち…

  8. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    人が神様を選ぶのではなく、神様が人を選ぶのです。【聖書からよもやま話311】…

    キリスト教においては、人生の決定的な決定権を持っているのは「私」ではなく、神様です。もちろん「私」にもある程度の決定…

  9. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    牧師になんでもやらせるのは良くない【聖書からよもやま話310】

    教会は牧師だけが動かすのではなく、チームで動かすものです。どんな名投手だって他の8人がいなくては野球はできません。牧…

  10. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    罪も病気も、自覚症状がないのがタチが悪い。【聖書からよもやま話309】

    自覚症状によって自分が病気だと気づければ病院に行って治療を始めることができますが、たちが悪いのは自覚症状がなくて自分…

  11. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    肉を食べるべきか食べないべきか、それが問題だ【聖書からよもやま話308】

    肉を食べるか食べないか、色々と議論がありますが、聖書にはどちらの論拠になるようなことも書いてあります。でも最終的には…

  12. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    憎さ余って可愛さ100倍【聖書からよもやま話307】

    神様に対する憎しみの叫びは、時として何よりも神様を求める叫びなのかもしれません。可愛さあまって憎さ100倍、なんて言…

  13. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    親を信頼できる子どもと、神様を信頼できる人は幸せ【聖書からよもやま話306】…

    親の愛をきちんと受けている子どもは「明日住む家があるだろうか、食べるものがあるだろうか」なんて心配しません。神様の愛…

  14. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    小さなことができれば大きなことは楽勝。【聖書からよもやま話305】

    毎日の食事に感謝できる人は、時々食べることのできるごちそうにも感謝します。ごちそうに感謝できない人は、毎日の食事にも…

  15. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    「新しい神々」を恐れる必要はありません【聖書からよもやま話304】

    「神」というのは、新しいわけがないんです。誰よりも昔から存在したのでなければおかしいわけです。「令和時代に新しく神と…

  16. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    「明日が我が身」「明日は我が罪」【聖書からよもやま話303】

    人間というのは「嫌いな人」を表明する時、自ずと自分もその「嫌いな人」のカテゴリーに組み込まれてしまっていたりします。…

  17. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    わいろはどうしてダメなのか【聖書からよもやま話302】

    「わいろを贈ってはいけない。受け取ってもいけない」というのは、万国共通の倫理観かと思います。どこの国であっても、たと…

  18. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    バビロン捕囚と夏期講習【聖書からよもやま話301】

    あのバビロン捕囚は、中学生の僕にとっての夏期講習のようなものでした。人々があまりに悪に走ったために、つまり「成績が下…

  19. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    「自分の力」から「神の力」へのコペルニクス的転回【聖書からよもやま話300】…

    世間一般では「神様の力に頼る人」は「他力本願でよくない!」と批判されがちですが、聖書の価値観ではそうではなく、むしろ…

  20. image
    • 聖書からよもやま話連載・コラム

    病気の治療には時間がかかります。罪も同じです。【聖書からよもやま話299】

    病気なら、治療を開始してから「まだ具合悪いけど、昨日より今日の方が少し良くなった」という状態を続ければそれは順調な回…

クリプレ全体から検索