聖書からよもやま話

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    お供物のお菓子はなぜかおいしい。【聖書からよもやま話128】

    主の御名をあがめます。皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。今日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。毎…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    「夢を追う」のは本当に絶対善でしょうか。【聖書からよもやま話127】

    「夢を追う」のは本当に絶対善でしょうか。【聖書からよもやま話127】主の御名をあがめます。皆様いかがお過ごしでしょう…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    何事も、自分で勝手にあきらめてはいけません。【聖書からよもやま話126】

    何事も、自分で勝手にあきらめてはいけません。【聖書からよもやま話126】主の御名をあがめます。皆様いかがお過ごしでし…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    作品は誰かに見てもらいたいもの。神様も同じです。【聖書からよもやま話125】…

    子どもは何かを作ったり描いたりしたら「みてみて!」と言います。自分がつくったものを誰かに見てもらいたいというのは人間…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    クリスチャンも星を見るのは好きですが、星占いはしません。【聖書からよもやま話…

    「星に願いを」なんて、とても美しく純情なフレーズですけれど、クリスチャンは星に願いをかけることはありません。願うのは…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    神様はあなたの涙を知っています。【聖書からよもやま話123】

    誰にも見られずに泣いた夜も、うめいた時も、神様はちゃんと知ってくださっているんです。祈りの「結果」はもちろん大事です…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    親の罪を子が負うべきか。【聖書からよもやま話122】

    世の中には親どころか親の親とか親の親のそのまた親とか、そこまでさかのぼって「あいつらは悪い奴だ」と憎しみあうようなシ…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    体は食べたものでできる。心はふれたことばでできる。【聖書からよもやま話121…

    神様はそんなわけで「毎日パンを食べるのと同じように、毎日聖書に触れて祈りなさい」と勧めています。日々神様とコミュニケ…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    エジプトに起こったことは僕たちにも起こる【聖書からよもやま話120】

    どうかこの一年、世界の分断が少しでも緩和されますように。災害に襲われることがなくなりますように。祈りたいと思います。

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    年齢は「やらない理由」にはなりません。【聖書からよもやま話119】

    「もっと若ければこんなこともできたかもしれないな〜」なんて思ってしまったりもします。でもそんなのは神様からみればただ…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    「そんなことわかっているよ」とバカにせず、とにかく素直にやってみる【聖書から…

    主の御名をあがめます。皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。今日もクリプレにおこしいただきありがとうございます。毎…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    リーダーが正しくてもみんながついてくるとは限らない【聖書からよもやま話117…

    リーダーには確かに大きな影響力があります。でも決定的に僕たち一人一人の正邪を決めるのは、あくまで僕たち一人一人なんで…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    毛利元就の「三本の矢」は聖書にも書いてあります。【聖書からよもやま話116】…

    戦国武将、毛利元就が3人の息子に伝えた「3本の矢の教え」はとても有名です。一本一本の矢は簡単に折れてしまうけれども、…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    どんな豪傑も自分の力だけでは豪傑になれない【聖書からよもやま話115】

    どんな豪傑の豪傑譚も、その豪傑の豪傑たるゆえんの豪傑っぷりだけでは成立しないのかもしれません。どんな人でも自分の力だ…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    映画の主人公って大変です。【聖書からよもやま話114】

    クリスチャンになるというのは、神様が監督の映画に主人公として抜擢されるようなことなんです。そう思うと、ちょっとワクワ…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    わざとじゃなくてもちゃんとごめんなさい【聖書からよもやま話113】

    「過失」であったとしても罪は罪であるということです。よく小さな子どもが何かをしてしまった時に「わざとじゃないから悪く…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    法精神の基本中の基本「人を肩書きで判断するな」【聖書からよもやま話112】

    まだ「法」という概念自体があいまいで、その体系もなかった頃から、聖書は法の基本について語り続けているんです。この記述…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    神様に用いられるのは、クリスチャンだけではありません【聖書からよもやま話11…

    クリスチャンは、クリスチャンと接するときだけではなく、ノンクリスチャンと接する時も、「この人もまた、神様に用いられる…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    どんな目標も今日死んでしまえば意味がありません。しかしそれでも。【聖書からよ…

    僕だって色々と明日のことを考えながら生きています。なんなら、今ちょうど年末ですから「来年達成したいこと」なんかを考え…

    • 連載・コラム聖書からよもやま話

    大切なものに名前をつけるのは大切なことです。【聖書からよもやま話109】

    名前があるということは、それだけで「あなたは特別で愛されている」ことの証拠だと言えるんです。

 

支援のお願い

オンライン献金.com