ミロのヴィーナスの失われた両腕が持っていたものは禁断のリンゴ?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1820年4月8日 ミロのヴィーナスが発見された日

ミロのヴィーナスは1820年の今日、エーゲ海のミロス島で、小作農だったヨルゴス・ケントロタスという人によって発見されました。制作されたのは紀元前130年頃とされています。ヨルゴスさんからトルコ政府の手に渡り、それをフランス海軍の提督が見て買い取り、ルイ18世にプレゼントされ、ルイ18世がルーブル美術館に寄贈し、そして今もルーブル美術館にあります。

さて、ミロのヴィーナスといえば両腕がない姿でおなじみですが、実は元々は両腕ともあったそうなのですが、その両腕がどんな造形だったのか、まだわかっていないそうです。しかし、一説によると「黄金のリンゴ」を持っていたのではないかと言われています。

この像のモデルになったのはギリシア神話に登場する女神アフロディーテで、彼女には「黄金のリンゴ」にまつわるこんなエピソードがあります。簡単に説明すると、神々の集まりに「一番美しい女神へ」と書かれた黄金のリンゴが投げ込まれ、アフロディーテとヘーラーとアテナの三女神が「私こそ一番美しい!」と、このリンゴを取り合い、そこから人間界をも巻き込んでトロイア戦争が起こった、というものです。

キリスト教で「リンゴ」といえば、アダムとイブが食べた禁断の実が思い浮かびますが、実はこの実がリンゴであったとは聖書には書いてありません。しかし多くのキリスト教絵画ではこれをリンゴとして描いています。この理由については諸説あるのですが、キリスト教が誕生したのはギリシア語圏ですから、当時の人々はギリシア文化の影響を受けていました。「禁断の実」が「リンゴ」のイメージになったのも、この「黄金のリンゴ」のエピソードの影響があるのかもしれません。

ちなみに「黄金のリンゴ」というのは、一説ではオレンジのことだそうです。昔の人はどうも果物を「リンゴ」とか「梨」とか「みかん」とかあまり区別せずに呼んでいたようなのです。今よりも流通も発達していませんから、人々が口にできる果物も地域によってかなり限られていて、あまり区別する必要もなかったのかもしれません。

それではまた明日。

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com