聖書に生きる366日

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月13日「シンプルに」

    あなたの人生がもっとシンプルだったらと願う。誰かが「もっと本を読みなさい」と言えば、わたしは「読む本をもっと少なくし…

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月12日「神に聞く」

     「キリスト教スピリチュアリティー」とは「超自然的なものに心が動かされること」ではない「出発点」にしっかり立ち、自分…

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月11日「ナルシス主義またはプロメテウス主義」

    わたしたちが初めて出発点に立つ時、無限に広がる未知の素晴らしさに息を吞む。それは素晴らしい。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月10日「出発点」

    わたしたちは最初の数か月、旅行が「出来るよう」準備を整え、必要最小限の必要なニーズが満たされるために過ごす ―― 多くの…

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月9日「行き過ぎた宗教観」

    奇妙に聞こえるかもしれないが、次のことは本当である。つまり「行き過ぎた宗教観は悪いことだ」ということである。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月8日「神の『然り』に身を浸す」

    礼拝を行う最終結果はわたしたちの生き方が180度変革させられることである。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月7日「神は聴いている」

    「半時間ほどの天の沈黙」と「ヨハネの黙示録」の8章1節には書いてある ―― 神は聴いている。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月6日「日々の出来事と、その経験」

     黙示録の中には、一週間の典型的な様子がまとめられている。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月5日「光」

    多くの場合「光」は文字通りか、あるいは隠喩(いんゆ)にしろ「闇」の中で輝いている。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月4日「人は神を求める」

    何かをしなければならない時、わたしたちが必要なのは神である。長い間、ずるずるといつまでも、人々はそれに気づかず過ごし…

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月3日「現状の『在る姿』への不満

    「霊的な指導」において「〇〇を『する』」という助言はほとんどの場合不適切である。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月2日「霊的な指導」

    「霊的な指導」とは、按手(あんしゅ)を受けた教職者(牧師や司祭)の特権ではない。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    4月1日「イエスの御言葉」

    「宗教」という枕がある。人はそれを使い眠る。その「枕」には「敬虔(けいけん)」という彩り豊かな刺繡(ししゅう)が施さ…

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月31日「彼らのために願う」

    イエスは神の御言葉を告げた。イエスは神の臨在を体現した。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月30日「聖書を読む」

    ヨハネの黙示録はわたしたちに「何とかして具体的に応えなければならない」という思いを抱かせる。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月29日「水のように注ぎだされ」

    イエスは十字架の上で、まさにこの詩編に書かれた敵意と痛みを味わわれたのである。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月28日「違法な密造酒」

     聖書から何らかの「真理」や「道徳」や「教訓」を捻出したいという大きな誘惑がある。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月27日「ゴミと化したオーディオ」

    「両耳がない人間の頭」を想像してください。でくの坊である。両目、鼻、口はあるが、両耳はない人間を想像しください。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月26日「神が語ることを聞く」

    クリスチャンの聖書への関心は常に「神が語ることを聞く」ということである。

    • 連載・コラム
    • 聖書に生きる366日

    3月25日「安息日を守ること」

    一週間のリズムを維持するためには自覚的に行動することが求められる。安息日を守る定めはしばしばわたしたちの日常生活に対…






メルマガ登録

最新記事と各種お知らせをお届けします

プライバシーポリシーはこちらです