「終わりの日の災い」はイナゴのようにやってくる【聖書からよもやま話21】


皆様いかがお過ごしでしょうか。冷房をつけたまま寝てしまったら喉がガサガサになってしまったMAROです。皆様もお気をつけください。
今日も日刊キリスト新聞クリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

毎回、新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章から心に浮かんだ事柄を、皆様の役に立つ立たないは気にせずに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、ヨエル書の2章です。それではよろしくどうぞ。


◆ヨエル書 2章2節

それは闇と暗闇の日。雲と暗黒の日。数が多く、力の強い民が、暁とともに山々の上に進んでくる。このようなことは、昔から起こったことがなく、これから後、代々の時代までも再び起こることはない。


ヨエル書はイナゴの大群によってユダ王国に飢饉がやってきたときに記された書で、世の終わりのことがイナゴになぞらえながら書いてあります。終わりの日にやってくる災いはイナゴのように突然やってきて、あらゆるものを食い尽くしてしまうぞと。でもそのあとで神様の恵みがあるからね、という話です。

現代日本ではあまり実感することはありませんが、洋の東西を問わず人類にとってイナゴはとんでもない災害です。突然やってきて空を埋め尽くし、せっかく作った食糧を根こそぎ食べて、去っていきます。ゲームの『三国志』をやったことのある方なら、それが災害としてどれだけタチが悪いかお分かりかと思います。台風や洪水は「治水」をすることで被害を食い止めることができますが、イナゴは何をしても防ぐことができません。どうにもならないんです、イナゴは。しかもいつ来るか予想もできません。そしてせっかくの食料を根絶やしにし、国の計画を崩壊させます。
イナゴ
ですからイナゴが「終わりの日の災い」にたとえられているということは、その災いは防ぐことも被害を食い止めることもできないし、いつ来るかも分からないし、しかも被害はとんでもなく甚大で、人間のあらゆる計画を崩壊させるのだから、その災いを生き延びるには、神様に頼るしかないのだぞ、ということです。

ちなみに、旧約聖書では基本的に虫の類は食べてはいけないと定められているのですが、例外的にイナゴは食べることを認められています。イナゴは災害であると同時に、貴重なタンパク源でもあったんです。イスラエルの人たちはどうやってイナゴを食べていたんでしょうね。醤油もみりんもないでしょうから日本みたいに佃煮にはできないでしょうし、塩焼きにでもしたんでしょうか。

それではまた。
主にありて。MAROでした。

Related Posts

 

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com