勝手に「神様がついてるから大丈夫」と言っていませんか?【聖書からよもやま話222】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
今日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

毎回、新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章を読んで、僕の心に浮かんだ事柄を、ざっくばらんに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、    士師記の18章です。それではよろしくどうぞ。

◆士師記 18章6節

その祭司は彼らに言った。「安心して行きなさい。あなたがたのしている旅は、主がお認めになっています。」(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

ある人たちが旅をしていました。そこで祭司にあったので、彼らは尋ねました。「私たちの旅が成功するかどうか、神様に聞いてください」。祭司は答えました。「この旅は神様が認めているものですから大丈夫ですよ、うまくいきます!」と。

と、これが今日の箇所の簡単なストーリーなのですが、ここには大きな問題があります。ここに出てくる「祭司」ですが、この人はちゃんとした祭司ではなく、まぁ簡単にいえばエセ祭司なんですね。ですからこの人には神様に何かを尋ねる権限もなければ、人に神様のメッセージを伝える権限もないんです。それなのに、調子良く「この旅は神様が認めてますから、うまく行きますよ!」なんて言ってしまっているんです。

そして、尋ねる方も尋ねる方で、彼らもその「祭司」がちゃんとした祭司ではないことを知っていました。知っているくせに、わざわざ自分たちが少しでも安心したいがために、無責任に尋ねたんです。ですからここには、尋ねる方にも答える方にも問題があったことになります。
image
現代でも、たとえば占いだとかに、自分の都合のいい答えを聞きたくて出かける方もいますよね。まぁ占いというのはそういうものですから、ある程度は仕方ないとして、もっと問題なのはクリスチャンが、自分たちのやっていることを勝手に「これは神様が望んでいることだからきっと守られてうまくいくよ」なんて言ってしまうことです。これは一体、何の権限によってそんなことを言えるのでしょう。もちろん、本当に神様の御心が僕たちに示されることだってあります。が、時としてクリスチャンはあまりにも気軽に、しかも勝手に「これは神様の御心だから・・・」と、もしかしたら本当は自分の計画や希望に過ぎないものに「神様のお墨付き」を与えてしまってはいないでしょうか。誰かに相談を受けて、無責任に「神様が守ってくださるからうまくいくよ」なんて言ってしまってはいないでしょうか。

きっとそんなことを言ってしまうとき、僕たちには何の悪気もありません。ただ純粋に相手を励ましたくて、深く考えずに言ってしまっていることだと思います。でもそれはここに出てくる「祭司」だって同じことです。彼もまた、何の悪気もなしにただ旅人たちを励ます意味で言ったのだと思います。でもだからこそ怖いんです。僕たちは何の悪気もなしに、神様への越権行為をやってしまいがちだということですから。自戒もこめて、気をつけなくてはならないなと思います。

それではまた明日。

主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。

Related Posts

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com