もしも神様が僕の味方じゃなかったら【聖書からよもやま話207】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
今日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

毎回、新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章を読んで、僕の心に浮かんだ事柄を、ざっくばらんに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、   詩篇の124篇です。それではよろしくどうぞ。

◆詩篇 124篇1節

「もしも主が私たちの味方でなかったなら。」
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

詩篇の数ある詩の中でも、かなり短くてわかりやすい部類に入るのがこの124篇かと思います。テーマはシンプルに「もしも神様が僕たちの味方じゃなかったら。」

シンプルですけど深いテーマです。神様が敵に回ったら何をしてもうまくいかないでしょうし、極端な話、ノアの方舟の時のように世界を滅ぼしてしまうことさえ可能なわけです。ということは、今、この世界があるということだけで、神様は少なくとも敵には回っていないということがわかります。あれやこれやとうまくいかないことがあるにせよ、僕が今こうして日々文章を書いていられるのも、神様が味方であるということの証拠なのかもしれません。
image
仕事の中でも日常生活の中でも、「この人は敵に回したくないな」とか「この人が味方で良かった!」って人がいますよね。僕にもいます。たとえば仲良くさせてもらっている弁護士さんとか。このクリプレのスタッフさんだって「この人が味方で良かった!」って人ばかりです。しかし、それより何より圧倒的に敵に回したくないのは神様です。

聖書のこの詩人も「神様が味方じゃなかったら僕たちはもうとっくに誰かに滅ぼされていただろうね」と書いています。僕個人も改めて考えてみたら同じです。神様が味方じゃなかったら、僕はもうとっくにこの世にいなかったかもしれませんし、少なくとも今よりもずっと荒んだ生活を送っていたと思います。

他のどんな人を敵に回したとしても、神様を敵に回すより、はるかに、圧倒的に、絶対的に、マシなことです。それがたとえどんな金持ちや権力者であろうとも。どこかの国のあの独裁者であろうとも。

社会に生きていれば「これを言うとあの人が敵に回るかもしれないし、でも言わないとこっちの人が敵に回るかもしれないし・・・」と何かと人間関係に気をつかいます。が、そういったことにあれこれと気を回すよりも、ただ一つ神様を敵に回さないことだけに心を向ければ数多で雑多な気づかいから解放されます。・・・とはいえ、それもなかなか難しいですけどね。でも、人間関係に疲れたら「たとえ誰かが敵に回っても、神様が味方ならそれでよし!」というのも、心が楽になる考え方かもしれません。

それではまた明日。

主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。

Related Posts

 

 

オンライン献金.com