失くしたものが返ってくると、より大切に思えます。【聖書からよもやま話205】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
今日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

毎回、新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章を読んで、僕の心に浮かんだ事柄を、ざっくばらんに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、   エレミヤ書の39章です。それではよろしくどうぞ。

◆エレミヤ書 39章18節

わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちは戦勝品としてあなたのものになる。
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

命って「自分のものだ」と思いがちです。でもこの聖句を読んだら「あ、自分のものじゃなくて戦勝品なのか」と思わされました。持っていて当たり前、守られて当たり前のものではないんですね、命って。

敵に一度奪われてしまった宝物を奪い返して戦勝品としてもとの場所に返す。僕たちの命も同じようなもので、罪に一度奪われてしまったものを、神様が奪い返して僕たちのもとに返してくださるわけです。つまり洗礼を受けてクリスチャンになるということは、罪の軍勢に奪われてしまっていたこの命を、神様から「取り返してきたから、もう奪われてはダメだぞ!」と言われながら受け取るようなものなんですね。
image
同じものであっても、一度失われたものが返ってくると、もともとよりもそれを大切に思えるものです。子どものころ、遊んでいるうちに失くしてしまってガッカリしていたオモチャが、タンスの裏なんかから見つかると、それ以前よりもとても愛しく大切に思ったものでした。命もまた同じように、一度奪われたものが返ってきたのだ、と思ったらより一層大切に思えるのじゃないかと思います。そんな風に、命も心も大切にしていきたいと思います。

それではまた明日。

主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com