NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(5)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その1

NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)で27日から、いよいよ芦田愛菜(あしだ・まな)演じる細川ガラシャこと明智たまが登場する。

その夫となる細川忠興(ただおき)は、同局の連続テレビ小説「エール」で福島・川俣銀行の行員を好演した望月歩(もちづき・あゆむ)がキャスティングされた。この二人の夫婦関係について、実際の歴史文書ではどう書かれているのか、見ていきたい。

勝龍寺城跡の細川忠興・玉(ガラシャ)像(写真:服部由愛)

明智光秀(長谷川博己)の次女たまは細川忠興と1578年、15歳同士で結婚する。それは主君である織田信長(染谷将太)の命令によるものだった。

信長は、まだ年若いのに勇敢に戦って戦功を上げる忠興を気に入っており、小姓(信長のそば近くで仕える少年)に取り立てていた。「忠興」の「忠」は、信長の長男である信忠から与えられたものだ。肥後熊本藩主細川氏の家史「細川家記」所収の信長自身の書状に次のように書かれている。何より忠興は器量に秀(ひい)で、勝つことに対する志も抜きん出ているので、ゆくゆくは「武門の棟梁(とうりょう)」にもなるべき器だと。

また、ガラシャの父親である光秀についても、信長はその知謀を褒(ほ)め、軍功を高く評価していた。そのため、細川家(山城の勝竜寺城)と明智家(近江の坂本城)は隣国同士でもあり、互いに剛勇でも並んでいるので、幸せな縁戚関係を結べるだろうと、同じ書状で信長は述べているのだ。

細川忠興(永青文庫所の肖像画)

結婚後、忠興は信長に従って出陣に明け暮れる日々を送り、ガラシャは細川家の居城である勝竜寺城を切り盛りしていた。それは現在の京都府長岡京市にあり、ガラシャが子ども時代を過ごした福井から南西に150キロ以上離れたところにある。勝竜寺城で過ごした新婚時代は2年間にすぎないが、その間に二人の子どもを授かっている。長女の長(ちょう)と長男の忠隆(ただたか)だ。

1580年、17歳になった忠興は、信長から丹後12万石を与えられ、父から独立した大名となる。そして、丹後八幡山城(たんごはちまんやまじょう)に入り、その後、新たに宮津城(みやづじょう)を海沿いに築いて、そこに移る。勝竜寺城から北西に100キロ以上の、日本海にある天橋立(あまのはしだて)の近くにある。その間も忠興はさまざまな合戦に出ることが多く、ガラシャも幼い長と忠隆の世話をしながら城を取り仕切っていた。

宣教師フロイスは1587年のガラシャの受洗について詳述した記事の冒頭で、ガラシャのことをこのように紹介している。

都の近くに丹後と呼ばれる国がある。その領主は(細川)越中(忠興)殿と称する若く高貴な殿で、明智(光秀)の息女である貴婦人と結婚している。彼女の父の明智(光秀)は、その(丹後の)国に娘を嫁がせた(のだが)、両人は(ガラシャが洗礼を受けた時には)24、5歳を出るか出ないかの年輩である。(フロイス『日本史』5巻、219ページ、中央公論社)

さて、夫の忠興も父の光秀も信長の家臣として励んで働いていたのだが、82年、毛利氏が牛耳る「中国攻め」の最中、光秀が「本能寺の変」を起こして主君の信長を裏切り、亡き者にする。その報は、豊臣秀吉(佐々木蔵之介)の援軍として「中国攻め」に出陣していた忠興にももたらされ、さらに義父である光秀から「自分の味方として京に上るように」との依頼が来る。自分が「本能寺の変」を起こしたのは、信長がたびたび光秀の面目を失わせ、わがままな振る舞いばかりするので、積年の恨みを晴らしたことが理由だと『細川家記』には記されている。

しかし忠興は、父と一緒に信長を弔うために髻(もとどり)を断ち、光秀の願いに応じることはなかった。それが光秀にとって最大の誤算となり、「中国大返し」をしてきた秀吉に討ち取られることに。

こうしてガラシャの幸せだった新婚生活は4年で幕を下ろし、その後は「逆臣の娘」として苛酷な運命に翻弄(ほんろう)されることになる。忠興はガラシャに対し、「御身の父光秀は主君の敵なれハ、同室叶うへからす」(「細川家記」)と言って離婚し、宮津城から30キロ足らず、丹後半島のほぼ中央の山深い「味土野(みどの)」に幽閉する。

味土野にある「細川忠興夫人隠棲地」の石碑(写真:服部由愛)

ガラシャは、3歳になった長や2歳の忠隆と引き離されて過ごすことになるのだが、この間に次男の興秋(おきあき)が83年に生まれている。このことからも分かるように、実は離婚というのも形ばかりで、明智一族と重臣らが滅ぼされる中で、忠興はこうすることでガラシャの身を守ったのだ。

ただしその年、忠興は側室のお藤に女の子を産ませている。そうしたことから、幸せだった新婚生活にも暗い影が落ち始め、やがて二人の間に大きな亀裂を生じさせることになるのだった。(6に続く

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(1)明智光秀はキリスト教を信じていたか

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(2)明智光秀の娘、細川ガラシャの信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(3)芦田愛菜が細川ガラシャに配役された理由

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(4)Go Toトラベルで行きたい細川ガラシャゆかりの地

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(5)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(6)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(7)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(8)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その4

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(9)ガラシャの長男、忠隆 その血は天皇陛下や政治評論家に

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(10)ガラシャの次男・興秋と三男・忠利

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(11)ガラシャの娘、長と多羅

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(12)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(13)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(14)細川ガラシャに洗礼を授けた侍女・清原マリアの道備え その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(15)本能寺の変と細川ガラシャ 前編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(16)本能寺の変と細川ガラシャ 後編

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(17)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(18)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(19)第一級史料に見る細川ガラシャの最期 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(20)細川ガラシャを介錯した小笠原秀清の信仰

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(21)ガラシャ没後の細川忠興 その1

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(22)ガラシャ没後の細川忠興 その2

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(23)ガラシャ没後の細川忠興 その3

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(24)ガラシャのための盛大な追悼ミサ(最終回)

Share


ハンガーゼロPC

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com