英国国教会のオックスフォード主教 同性婚禁止に終止符を打つよう求める

By Roger Harris – https://members-api.parliament.uk/api/Members/4279/Portrait?cropType=ThreeFourGallery: https://members.parliament.uk/member/4279/portrait, CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=86634706

英国国教会は同性カップルの結婚禁止を解除すべきだと、オックスフォードのスティーブン・クロフト主教=写真=が述べた。英専門紙「チャーチ・タイムズ」11月7日付が報じた。

性的マイノリティ(性的少数者)に反対することは、「英国国教会と、私たちが奉仕しようとしている文化や社会との間に根本的なずれを生じさせている」という。

主教協議会は、来年2月の全体会議で、同性婚の問題がどのように決定されるべきかを議論する。

クロフト主教は、50ページの小冊子「愛と信仰において共に」を各主教団に送った。この冊子で同主教は、教会が「より良い決定と実践に到達する」のがあまりにも遅かったこと、そして主教自身の見解が「変わるのが遅く、私の行動や行動の欠如が、不一致、苦痛を引き起こした」ことを謝罪している。

クロフト主教は、現職の教区主教の中でただ一人、英国国教会が同性カップルと結婚することを認め、自身も同性パートナーと結婚できるようにすべきだという考えを表明している。現在はどちらも認められていない。しかし聖職者は独身を貫くという暗黙の了解のもとで同性パートナーとなることができる。(CJC)

関連記事

 

オンライン献金.com