体は食べたものでできる。心はふれたことばでできる。【聖書からよもやま話121】

主の御名をあがめます。

今日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。MAROです。

新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章を読んで、僕の心に浮かんだ事柄を、ざっくばらんに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 新約聖書、マタイの福音書の4章です。それではよろしくどうぞ。


◆マタイの福音書 4章4節

「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばで生きる』と書いてある。」(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)


人は毎日食事をしなければ生きていけません。食べたものが肉体をつくります。今、僕たちが持っている肉体は、今日までに食べたものでできています。だから毎日食べるものには気をつけなくてはいけません。毎日きちんと食べなくてはいけません。

・・・と、いうことに異論のある方は少ないと思います。

が、これが肉体ではなく、心の問題になるとどうでしょう。肉体は日々食べるものでできていますが、心は何でできているのでしょう。心は日々触れることばでできています。読むことば、聞くことばはもちろん、自分で自分にかけることばも、自分の心をつくります。ジャンクな食べ物ばかりを食べていたら肉体の健康が損なわれるように、ジャンクなことばばかりを浴びていたら心の健康が損なわれてしまいます。そして残念な事に現代社会はジャンクなことばに溢れています。罵詈雑言、誹謗中傷、下品な冗談、マウンティング、イヤミ・・・あげればキリがありません。そんなことばを毎日浴びていたら、心の健康は崩れてしまいます。

神様はそんなわけで「毎日パンを食べるのと同じように、毎日聖書に触れて祈りなさい」と勧めています。日々神様とコミュニケーションをとることは、食事と同じくらい、いやそれ以上に大切なことなんです。

でもついつい現代人は、肉体の健康ばかりに気を取られて、心の健康をおろそかにしてしまいがちです。

「1日くらい食べなくても死なない」はい、僕もそんな風に食事をおろそかにしてしまうことがあります。確かに死にはしません。が、確実に体には負担が及びます。「1日くらい祈らなくても死なない」はい、僕もそんな風に祈りをおろそかにしてしまうことがあります。確かに死にはしません。が、確実に心には負担が及ぶんです。

毎日きちんと食事をするのと同じように、毎日きちんと祈りたいと思います。
時にはできないこともある。それでも心がけることが大切なのだと思います。
この新年に、肉体と心をつくりあげる「パンとことば」を、あらためて丁寧に扱おうと心を新たにしているところです。

それではまた。

主にありて。
MAROでした。

【今日の小ネタ】
「クリスチャンってお雑煮とかおせちとか食べるの?」って時々聞かれますが、普通に食べます。餅つきをやる教会もあります。でも締飾りとか門松とかは飾りません。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。


Related Posts

 

オンライン献金.com