神様に従うのは、苦しいときには簡単ですが満たされたときには難しい【聖書からよもやま話105】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
今日もクリプレにおこしいただきありがとうございます。

毎回、新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章を読んで、僕の心に浮かんだ事柄を、ざっくばらんに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、ホセア書の13章です。それではよろしくどうぞ。


◆ホセア書 13章6節

しかし牧草で満足したとき、
彼らは満ち足り、心は高ぶり、
そうしてわたしを忘れた。
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)


このことばは、日本で親しみのある言葉で言えば「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」とか「苦しい時の神頼み」だと言えます。人は、苦しいときに神様に祈ります。しかし神様がその祈りに答えてくださり、恵みを与えられると、それに満足して次第に神様のことを忘れてしまったりします。

苦しい時は「神様、助けてください。あなたに従います。何でもします」と言う癖に、必要が満たされて満足すると「神様、用は終わりました。またいずれ」とばかりに神様のことを忘れます。神様が必要を満たしてくださったことを忘れて、「私は自分の必要は自分の力で満たして生きてきた」なんて言ったりします。

そのくせ、また何か困ったことがあると「神様、私にはやっぱりあなたしかいません。あなたの力なしには生きられません。助けてください」と祈ったりもするんです。

アメリカ時代の友人で、ガールフレンドができるたびに教会の礼拝に来なくなり、ガールフレンドに振られる度に「やっぱり僕には神様しかいない」と言って礼拝に来るようになる奴がいました。そしてまたガールフレンドができると、教会に来なくなり、振られると教会に来るようになり・・・の繰り返しでした。僕はそんな彼をみて「まったく、現金な奴だ」と笑っていましたが、よくよく自分の胸に手を置いてみれば、僕も彼を笑えませんでした。だって僕だって、仕事が忙しくなれば「仕事が忙しいので」と教会に行かなかったり、仕事がなくなったり減ったりして不安になればまた「神様、助けてください」と教会に行くようになったりしていたからです。

苦しいときに神様に従うのはそれほど難しいことではありません。満たされているときに神様に従うこと、これが難しいんです。満たされている時こそ、喜びと感謝を神様に捧げなくてはいけません。わかっちゃいるけど、難しい。人間とはやっぱり罪深い。

それではまた。
主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。


Related Posts

 

オンライン献金.com