【新生宣教団】 礼拝で使われる専門用語を15分で分かりやすく解説

新生宣教団

聖餐式とは?

こんにちはハトコです。
前回は「礼拝では何をする?」という概要編をお話しました。
●「礼拝では何をするの?」概要篇はこちら

キリスト教の礼拝では何をするの?【10分でわかる概要編】

キリスト教の礼拝では何をするの?【10分でわかる概要編】

こんにちはハトコです。今日は「礼拝」についてお話したいと思います。 まずは「礼拝」ってどう読むかご存知ですか? 仏教では「らいはい」だそうですが、キリスト教では「れいはい」と読みます。漢字からも読み取れるように「礼」を尽 […]

ところで皆さんは「使徒信条」「主の祈り」「交読文」「聖餐式」「愛餐会」という言葉を聞いたことはありますか? 読み方さえも?ですよね。
今回は、キリスト教の礼拝の中で行われる聞き慣れないこれら専門用語についてお話してみます。

礼拝で読まれる「使徒信条」と「主の祈り」

「使徒信条」(しとしんじょう)と「主(しゅ)の祈り」は、よく礼拝の中で読まれる信仰告白文であり祈祷文です。特に「使徒信条」は正統的なキリスト教のゆるぎない指針となる大切なものです。教会によっては全く読まない教会もありますが、それは各教会の方針によりますので、同じ信条が教会の教えの中にあればプログラムとして読まれなくても問題はありません。
それでは一つずつ見ていきましょう。 続きはこちら…

関連記事

 

支援のお願い

オンライン献金.com