【新生宣教団】 キリスト教の礼拝では何をするの?【10分でわかる概要編】

新生宣教団

礼拝って何をするの?

こんにちはハトコです。今日は「礼拝」についてお話したいと思います。
まずは「礼拝」ってどう読むかご存知ですか? 仏教では「らいはい」だそうですが、キリスト教では「れいはい」と読みます。漢字からも読み取れるように「礼」を尽くして「拝」するという意味で、クリスチャンは日曜日に集まって神様を「礼拝」します。なぜ日曜日なのかというと、イエス・キリストが日曜日の朝に復活したことに由来しています。
今日はキリスト教の教会の「礼拝」では何をするのか、服装は? 費用は?などなどをざっくりとお話していきます。

礼拝で行われること

礼拝の時間帯は教会によっても違いますが、朝の10時頃からお昼ぐらいまでが多いと思います。礼拝の形式も個々の教会や、教団と言われる教派によっても個性があってそれぞれ違いますが、基本的には「お祈り」「賛美」「メッセージ(説教)」「献金」が行われます。
それでは一つずつ見ていきましょう。 続きはこちらから…

支援のお願い

オンライン献金.com