大木英夫氏(東京神学大学名誉教授)が逝去 「ニーバーの祈り」を日本に紹介

大木 英夫(おおき ひでお=東京神学大学名誉教授)氏が10月12日逝去。93歳。葬儀は21日(金)後1時〜3時、滝野川教会・聖学院合同葬儀として滝野川教会礼拝堂で行われる。コロナ下の葬儀となり、礼拝堂の収容人数は限られるため、主日礼拝同様、YouTubeによる配信を行う。花料、供花は辞退している。

1928年、福島県会津出身。東京神学大学大学院修了後、1960年、ニューヨークのユニオン神学大学院でピューリタニズム研究でPh.D.取得。神学博士。1962年東京神学大学講師、70年教授、学長(79〜83年)を歴任。97年定年退任、名誉教授となる。また、85年には学校法人聖学院理事長に就任し、2011年に退任するまで同大学院教授として教育にもあたっていた。日本を代表する神学者であり、文明批評家としての内外の評価も高い。

著書に、『現代人のユダヤ人化 現代文明論集』(白水社、1976)『「宇魂和才」の説 21世紀の教育理念』(聖学院大学出版会、 1998)『人格と人権 キリスト教弁証学としての人間学』(教文館 、2011)など多数。アメリカで師事したラインホールド・ニーバー(1892〜1971)の「ニーバーの祈り(Serenity Prayer)」を日本に紹介したことでも知られる。

関連記事

 

オンライン献金.com