アメリカ史上、バイデン大統領とケネディ大統領だけに共通すること

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1917年5月29日 ケネディ大統領の誕生日

ジョン・F・ケネディは第35代アメリカ大統領で、アメリカ史上初のカトリック系大統領でした。アメリカは「WASP(ホワイト、アングロサクソン、プロテスタントの略)」の国と言われ、伝統的にプロテスタントの影響力が強い国ですから、カトリック系の候補が大統領になるのは非常に珍しいことで、ケネディの他にカトリック系で大統領になったのは現職のジョー・バイデン大統領だけです。

カトリックの強いアイルランドからの移民の子孫として生まれたケネディは幼い頃は病弱で、母ローズは教会に息子の回復を祈りに通ったりしていたそうです。13歳の時にはカトリック系の寄宿学校に入りましたが、ひどいホームシックに陥ってしまい、翌年に転校しました。

1963年の暗殺事件は世界史上に残る大事件となりました。その後に国葬が執り行われましたが、その際もワシントンDCにあるカトリックの聖マシュー大聖堂が用いられました。

ちなみに、大統領就任宣誓の時に用いる聖書はオバマさんやトランプさんはリンカーン大統領が用いたものと同じものを用いましたが、バイデンさんはバイデン家に代々伝わる聖書を用いたそうです。

それではまた。

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com