12月8日 ヨハネ黙示録1章8節

神である方、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」
ヨハネ黙示録1章8節(参照箇所同書1:1〜8)

 

やがて、が再びおいでになるという信仰がヨハネ黙示録からのメッセージです。キリストの再臨については、よく理解する必要があります。キリストの再臨について、は世の終わりが来るとだけ説いているのではありません。「神である方、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」と言います。キリストは、時間の中においでになりません。キリストは過去にも、現在にも、未来にもいます、お方であって、かつまた「初めであり、終わりである」方であると告げます。世の終わりにいます、お方は、世の初めにもいますお方であるのです。

それは、時の流れの中で起こること、すべてを支配されるお方がおいでになることを意味します。そのお方がおいでになるので、わたしたちは時の流れの中で答えがみつからないことについても、答えがないままで終わることはないと信じることができます。ときには、時間があるのでかえって辛い、時間などなければよいのにと思うことに遭遇することもありましょう。でも時を越えたお方がいますので、そのお方に委ねることができます。

この記事に関連して

クリプレ全体から検索

 

オンライン献金.com