小川修著/小川修パウロ書簡講義録刊行会編 小川修 パウロ書簡講義録 8(石川立)【本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 石川立

聖書を共に、神学的に読む喜び
〈評者〉石川 立


小川修 パウロ書簡講義録 8
ガラテヤ書講義Ⅱ

小川 修著
小川修パウロ書簡講義録刊行会編
A5判・297頁・定価3300円・リトン
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 

『小川修パウロ書簡講義録』全巻の刊行が完結した。
本書『小川修パウロ書簡講義録 8 ガラテヤ書講義Ⅱ』は、『同 7 ガラテヤ書講義Ⅰ」の続巻であるが、『講義録』全10巻の完結を祝う記念すべき巻でもある。二〇一一年に始まった『講義録』刊行から十一年の歳月を数えたことになる。
本書に収録された講義は、二〇〇七年度に同志社大学大学院神学研究科の授業として神学館二階演習室2で行われたものである。これに二〇一〇年四月に日本福音ルーテル東京池袋教会で行われた講演が続き、七名の「編集者の声」によってこの最終刊行の巻は締めくくられている。
当『講義録』は、パウロ書簡の解説や説明ではない。パウロ書簡を読もうが読むまいが、例外なくすべての人間を根源的に生かし支える事柄(独語で「ザッヘ」)そのものを、パウロを通して明らかにしようとする書である。キリストの〈まこと〉(ふつう「信仰」と訳されるギリシヤ語ピスティスの当『講義録』での訳)がこのザッヘに当たる。

小川修著/小川修パウロ書簡講義録刊行会編 小川修 パウロ書簡講義録 8(石川立) の続きはこちら

で見る本のひろば.com

 

オンライン献金.com