フロイド・ハウレット著/大倉一郎訳 教会教を越えて(小原克博)【本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 小原克博

北海道で伝道・社会活動に励み「和解」を追求した宣教師の歩み
〈評者〉小原克博

教会教を越えて
ハウレット宣教師が北海道で見つけたもの

フロイド・ハウレット著
大倉一郎訳
A5判・300頁・定価1980円・日本キリスト教団出版局
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 本書は、カナダ合同教会の宣教師として妻ドリーンと共に来日し、一九五一〜八一年の三〇年にわたって、北海道北部の名寄市を中心に宣教活動に携わったフロイド・ハウレットの自伝である。ハウレットは日本基督教団との協定に基づいて派遣され、教団の諸教会や牧師たちと深い関わり合いを持つことになった。ハウレットが日本を離れた十数年後に、私は札幌で牧会者としての歩みを始めたということもあって、本書の中で記されている北海道の光景や地名、直接・間接に知っている人々の名前を目にするたびに、彼が記す北海道での出会いや出来事に引き込まれていった。ハウレットの働きの後継者となった、本書の「日本語版まえがき」を記しているロバート・ウィットマー宣教師(現在、農村伝道神学校校長)と初めて出会ったのも北海道においてであった。
では、特に北海道や宣教師の活動に関わりのない人にとって、一宣教師の自伝はどのような意味を持つのだろうか。本書は、「歩んできた道には、いつも興味が尽きず、新たな挑戦と期待に満ちていた」(二六三頁)と語るハウレットの冒険的人生を通じて、彼が生きた戦後日本を、そして、宣教の歴史を振り返り、そこにあった課題が何であったのかを読者はあらためて確認することができるだろう。日本キリスト教史において宣教師が果たした役割は時代によって異なる。本書は、戦後日本においても宣教師が固有の働きと貢献をしたことを示すだけでなく、国や文化の違いを越えた交流が、それまで見えなかった地平を双方に開いていく宣教的意義を具体的な事例を通じて教えてくれる。(つづく…)

本のひろば.comで見る

Related Posts

 

オンライン献金.com