塩屋 弘著 祝福された人生の秘訣 申命記に聞く!(鎌野善三)【キリスト教書書評・本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 鎌野善三

 

祝福された人生の秘訣 申命記に聞く!
塩屋 弘著
四六判・152頁・定価1430円・ヨベル
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

「信仰」と「現実」が一つとなる秘訣
〈評者〉鎌野善三

本書は、申命記を1章ずつ解説することにより、祝福された人生とはどのようなものかを、様々な例話を用いて描いています。34章全て、その章題に「祝福」という語が含まれていて、神様の祝福の豊かさに心が暖かくなりました。特に感銘を受けた5つの章を紹介します。
6章「祝福への姿勢─聞け、イスラエルよ」
神が示された最も大切な命令は「主を愛しなさい」である。幼い頃、弟の誕生日プレゼントとして「少年〇〇〇〇」を買ったのだが、自分が読み終えるまで弟を待たせていた。自分の愛は身勝手だが、神の愛は御子を与えてくださるほどの愛であり、その愛の招きにお応えして生きていきたい。
11章「祝福の知識─あなたがたは知らなければならない」
荒野における40 年の生活で、イスラエルの民は主の「しるしと御業」を知った。約束の地に入ってから、主の恵みを感謝し、その御業に生きていくためだった。神のことを知らない人々に、この恵みを知らせる特権を自覚しよう。
15章「祝福の奇跡─惜しみなく与えなさい」
約束の地において、「惜しみなく与える」民となるなら、社会に奇跡がおきる。3億円の宝くじを買ったとき、はじめは全部献金しようと思っていたのに、後には三分一、十分の一と少なくなった。宝くじを買うのでなく、それを神に献げるべきだった。明け渡す時、神の奇跡が始まる。

(続きはこちら)

本のひろば.comで見る

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com