【米CT】福島の地震から10年。余震が続く中で日本の教会が学んだこと。(3)

(前回の記事から続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hope Beyond Relief
Neighborhoods remain lost, scattered, or neglected even 10 years after the tsunami, so current ministry has shifted from immediate relief to building relationships and community. Many leaders have taken to creative, entrepreneurial community-building solutions.
For example, The Nozomi Project emerged from the disaster to provide a space for women to find dignity, employment, and hope as they created beautiful jewelry out of broken shards of pottery. “Amid setbacks and challenges of keeping a business afloat, I have realized that when God breathes into projects, they can become much bigger than ourselves,” said Takamoto, who directs the project which has now sent more than 60,000 “pieces of hope” to more than 45 countries.
For the past two years, Nozomi has also been serving a group of vulnerable women in Cambodia. “It’s been one of the most amazing experiences of my life to see former tsunami victims reaching beyond themselves to bring hope to women in Cambodia with needs greater than their own,” said Takamoto. “Whether they recognize it yet or not, this is the gospel, and it is beautiful.”
Beyond survival and recovery, church networks discovered a need to refocus on reaching the unreached. The tsunami destroyed five Tohoku churches, which was a small statistic in comparison to the $250–$500 billion worth of damage wreaked on Japan. But it was a wake-up call for Japanese pastors. It proved how few churches had been planted along the coast.
“We had to repent once we realized it,” said Hari. “It was not intentional, but those people were abandoned. These were, for the most part, unchurched areas that had slid out of our sight.”
There is social division between Fukushima and the rest of Japan, and even within Fukushima due to the radiation and the scattering of communities caused by the power plant meltdown. The government may take more than 50 years to fully decommission the reactor, and although radiation levels are much safer, hardship and stigma linger.
Today, Asian Access estimates that 75 congregations, including 33 house churches started by a single pastor in Miyagi, have been planted in the area since the disaster.
“I’m really concerned about Fukushima, especially the next generation that has to deal with the same issues,” said Hari. “After the disaster, hundreds of missionaries flocked to Miyagi and other areas affected by the tsunami, but very few to Fukushima. We know there was risk, but we hope people can overcome the fear and the stigma and come. That is where there is a huge need.”
救済を超えたところにある希望

津波から10年経っても地域社会は失われ、散り散りになり、放置されてしまったままだ。そのため、宣教団体の働きのフォーカスは緊急の救済措置から、人や地域との関係性の構築に移行している。多くのリーダーは、創造的で起業家精神にあふれたコミュニティ構築方法を取り上げるようになってきた。

たとえば災害後に生まれた「のぞみプロジェクト」では、女性たちの手で壊れた陶器の破片から美しいアクセサリーが制作されている。その作業を通して女性たちは自らの尊厳や雇用、そして希望を見つけているのだ。のぞみプロジェクトの商品「希望のカケラ」は、現在45カ国以上に6万個以上の商品を発送されている。このプロジェクトを指揮する高本は言う。

「運営を通して得た挫折や取り組みの中で、神が息を吹き込んだプロジェクトは私たちが想像よりもはるかに大きく発展する可能性があることに気づいたのです」

過去2年間、のぞみプロジェクトはカンボジアで困窮している女性グループでも働きを行ってきた。
高本は言う。「津波の被害を受けた人たちが自分たちよりも大きなニーズを持つカンボジアの女性に希望をもたらすために、自らを差し置いて手を差し伸べるのを見るのは、私の人生でも最も素晴らしい経験の1つです」「本人たちがそれを認識しているかどうかにかかわらず、これは福音であり、美しいものだと思います。」

教会ネットワークの人々は生き延びる事、そして復興を目指すこと以上に、まだ手が差し伸べられていない人々に手を差し伸べる必要があることを知った。津波によって東北地域では5つの教会が破壊されている。これは、27兆円~55兆円と推定されている全体の被害額と比べれば小さな数字だ。しかし、それは日本の牧師たちの目を覚めさせた。この海岸沿いには、たったそれだけの教会しか建てられていなかったのだ。

「それに気づいてから、私たちは悔い改めなければならないと思いました」「それは意図的なものではありませんでしたが、この地域の人々は見捨てられていました。その地域のほとんどは、私たちの視界から抜け落ちていた未開拓の地だったのです」と播は言う。
震災以来、この地域には75の教会が建てられたとアジアン・アクセスは推定している。(うち33は一人の牧師が始めた家庭集会)

福島と日本の他の地域の間、そして福島内でさえ、原発のメルトダウンによって引き起こされた放射線とそれによって散り散りになった地域社会のことについては社会的分断がある。 政府が原子炉を完全に廃止するのには50年以上かかるかもしれず、(事故当時と比べて)放射線レベルはだいぶ下がったものの、困難な状況、そして風評被害は長く留まっている。

「私が本当に心配しているのはこの福島で(私たちが抱えたものと)同じ問題に対処しなければならない次の世代の人たちのことです」と播は言う。
「震災後、数百人の宣教師が津波の影響を受けた宮城や近隣の地域に集まりましたが、福島に行った宣教師はほとんどいませんでした。たしかにリスクがあったとは思いますが、人々が恐れや風評を乗り越えて来てくれることを願っています。そこにはとても大きなニーズがあります。」

(次回の記事に続く)

執筆者はマリサ・フォックスウェル・ドゥットウェイラー
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の編集をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2021/march/japan-christians-triple-disaster-tsunami-fukushima-churches.html

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com