【米CT】オンラインで広がる陰謀論Qanon(キューアノン)の危険性(2)

(前記事より続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That religious language isn’t only metaphorical. Among QAnon’s most troubling aspects are its use of the language and style of evangelical Christianity, its misuse of the Bible to disguise its deception, and its increasing function as a syncretic cult of semi-Christian heresy.
A pro-Q politician in Oregon described her involvement by sharing that some “people think that I follow Q like I follow Jesus,” a blasphemous characterization she left unchallenged. That’s unsurprising, for QAnon fashions itself as a “Christian” movement. Q drops often quote Scripture—as even the devil does (see Matt. 4:10)—a tactic that adherents have said helped convince them the theory was worth their time.
QAnonと聖書

この「秘密結社」というのは「堕落者」のQAnon的な表現であり、この世界にある問題の原因とされるものだ。(聖書的には言えば)Qとは洗礼者ヨハネのような働きであり、その予測は聖書、そしてトランプ大統領は救世主だ。救世主は大いなる犠牲を払って堕落者たちを打ち破り、「偉大なるアメリカ」の再来へと人々を導く。

この集団の操る言説は、抽象的なだけではない。Qの恐ろしさは、聖書の悪用の仕方にある。Qは信者を増やすために聖書を詐欺的に引用し、キリスト教要素を織り交ぜながら自らの主張を教え込む異端的カルトなのだ。

Qを支持する某オレゴン州議員は、自身のQとの関わりについて「(私がQに従う姿は)イエスに従う信者のようだ、と言う人もいます」と語ったことがある。しかしこの冒涜(ぼうとく)発言が取りざたされることはなかった。
しかしQが「キリスト教運動」を自称していることを考えれば、そういった発言も驚くにはあたらない。Qは未来予測に聖書の文言を使うこともあるし、それによって支持者を獲得しているのだ(マタイ4章10節でも描かれている悪魔の手口だ)。

「神の子なら、飛び降りたらどうだ。
『神があなたのために天使たちに命じると、
あなたの足が石に打ち当たることのないように、
天使たちは手であなたを支える』と書いてある。」

Qの手口と対策
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The way ardent Q supporters study drops for hidden truths (and also resonance with headlines) resembles nothing so much as evangelical eschatological obsessions in the vein of The Late, Great Planet Earth. There’s even a “church” of QAnon, in which congregants meet for services, pray, take communion, and use incoherent, anonymous posts from filthy online forums to guide their understanding of God’s Word.
QAnon may not be an error to which CT readers are prone. But what I find deeply worrisome about this movement is how insidious it has become. The more Pentecostal moments of my upbringing didn’t stick well enough to make me confident in diagnoses of demonic activity (as opposed to ordinary human evil), but QAnon sure seems devilish. It deliberately preys on well-intended concern about the very real issue of sex trafficking. Q followers glom onto anti-trafficking hashtags, sharing content that casual viewers may not realize mixes truth with malignant lies.
These strategies to infiltrate more normal parts of the internet are working, especially in evangelical and fundamentalist Christian contexts. As former CT editor Katelyn Beaty recently reported, pastors say QAnon “is on the rise in their flocks. It is taking on the power of a new religion that’s dividing churches and hurting Christian witness” among younger generations. Some pastors Beaty spoke with wouldn’t even go on record to discuss Q’s sway among their congregants.
That sway isn’t surprising, because pastors are at a grave discipleship disadvantage here. “A pastor may preach a wonderful 30-minute sermon that is exegetically sound, theologically rich, and has important applicability to the listener’s life, but if that congregant goes home and consumes hours of [QAnon] stuff on YouTube every week, I can tell you what the outcome will be,” explained Paul Anleitner, a pastor in the Twin Cities.
After hearing accounts of church splits over QAnon, Anleitner made a video about the movement as a warning to fellow Christians. It’s a warning every American church needs to hear right now.
One reason Q appeals to Christians, Anleitner argues, is it can feel like a way to live out Jesus’s instruction to “be shrewd as serpents and innocent as doves” (Matt. 10:16, NASB). The problem, he says, “for followers of QAnon who are Christians is that they actually aren’t being shrewd enough.” QAnon is predatory drivel that undermines the authority of Scripture and pilfers trust we owe only to Christ. American Christians have a responsibility to learn to identify it—and flee.

熱心なQ信者たちがQ予測や報道の見出しに「隠された真実」を必死に探すやり方は、(1970年に注目を浴びた終末論書籍)「偉大なる地球の行方(原題:The Late, Great Planet Earth)」のそれに近いものがある。

QAnonには礼拝を行うための「教会」があり、祈りや聖餐式が行われている。そして、だれが書いたかも分からない支離滅裂なウェブサイトの投稿を引用して、聖書の御言葉に関する誤った理解を広めているのだ。

CTの読者の多くはQAnonに騙(だま)されるようなことはないかもしれない。しかし、Q運動がどれだけ狡猾かを見たときに、私はこの集団について深く憂慮する気持ちが強くなった。

ペンテコステ派で育った私がどれだけの確信を持つことが出来るか分からない部分はあるが、QAnonは(一般的な悪ではない)悪魔的活動を行っているように見える。
性的行為を目的とした子供の人身売買、という実際的な問題をQは意図的に利用している。そういった一見もっともらしい問題提起にQの主張を織り交ぜつつ、ツイッターのハッシュタグ機能を悪用することで視聴者を騙すのだ。

ネット上でこういった言説を流布させる戦略は、とくに福音派や原理主義者に対して有効に働いている。ケートリン・ビーティー氏(元CT編集者)によると、QAnonは新興宗教のようにして(特に若い世代で)急速に拡大しており、教会を分断させながら教会の立てる証しを損なわせている、と語る牧師たちは多い。ビーティー氏が話した何人かの牧師は、QAnon問題についてのインタビューについては匿名とするよう希望したという。

そのようにして教会が揺れ動いていることは、牧師のもつ不利な状況を考えれば理解に難くない。ツイン・シティーズ教会のポール・アンライトナー牧師は説明する。

「たとえその牧師が聖書を健全に解釈し、聞く人の人生に届くような神学的にも優れた説教を30分間行ったとしても、その会衆が家に帰り、毎週YouTubeで何時間もQの言う事に耳を傾けるのであれば、どのような結果が出るかは分かり切っているでしょう。」

QAnonによって分断された教会に関する話をきいたのち、アントライナー牧師はQ運動に関する警告を発するため、動画を作成してクリスチャン仲間に広めた。アメリカの教会に連なる人々にとっては必見の動画だ。

多くのクリスチャンたちがQに惹(ひ)かれる理由の一つについて、アンライトナー牧師は「人々はQの言う事がイエスの語る『蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい』(マタイ10章16節)という教えに沿っているように感じられるからではないか。しかし問題なのは、それが十分に賢い選択とは言えないことだ」と言う。
QAnonがやっているのは、聖書の権威を徐々に蝕(むしば)みながら、キリストにだけ寄せるべき信頼を盗む取るような行為だ。クリスチャンには、その見分け方を学ぶ責任がある。

そしてそこから離れるべきだ。

執筆者ボニー・ピンクはCTコラムニスト。
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2020/august-web-only/qanon-is-wolf-in-wolfs-clothing.html

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com