世界地図を作った男は異端の疑いで投獄された?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1512年3月5日 ゲラルドゥス・メルカトルの誕生日

メルカトルさんは現在最も普及している地図の図法であるメルカトル図法を考案した人です。地球儀を発明したのもこの人です。ちなみに「メルカトル」というのはラテン語で「商人」という意味だそうです。14歳の頃に親を亡くして、その後は教会に引き取られて育ちました。教会って元々はこのように社会福祉の場でもあったんです。ルーヴェン大学というカトリック系の大学に入ると天文学と地理学を主に学びました。

それまでは地図といえば各地の部分的なものしかなく、世界地図というのはありませんでした。彼の発明した図法はその完成に大きく寄与しましたし、航海術にも大きな影響を与えました。彼がいなければ大公開時代はなかったかもしれません。で、下の写真が彼が作成した地図なのですが、日本がないのはご愛敬。しかたがないです、東の果ての国ですもの。
ところで、メルカトルさんはその生涯で7ヶ月ほど、教会に異端の疑いをかけられて投獄されていた時期があります。これを聞くと「教会は地動説だけでなく、地球が丸いという科学的事実さえ許さなかったのか。やっぱり教会は科学の敵だ」とか思ってしまいがちなのですが、地球が丸いということは教会もすでにアリストテレスの影響で認識していました。むしろ地球が丸いという事実はキリスト教と一緒に世界に広まったとさえ言えます。彼が異端の疑いをかけられたのは地図の作成が原因ではなく何か別の理由があってのことのようです。いずれにせよ大学からの説明で彼の疑いは晴れました。

それではまた明日。



オンライン献金.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。