【米CT】このイースター、礼拝出席率はどうなるのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
More than half of evangelicals will be back in person, but most Catholics and black and mainline Protestants are still waiting to return.
When churches first shut down for the pandemic, many Christians hoped they would be back together within weeks for Easter. A year later, the holiday will be the first time more than half of evangelicals in the US plan to return to worship in person, according to a Pew Research Center report out Monday.
Even though most churches have reopened, the proclamation that “He is risen indeed” will be quieter than normal years, with sparser holiday crowds (and mask requirements muffling their voices). Among all American Christians, 39 percent say they plan to celebrate Resurrection Sunday in person, compared to 62 percent during a typical year.
Evangelical Protestants are more likely than any other Christian group to say they’ll be in church on Easter this year (52%). For many congregations, last year’s socially distant drive-up worship will be replaced by traditional sunrise services and egg hunts.
Easter is typically one of the most-attended weekends on the church calendar, and this year pastors anticipate that many Christians will want to get back to the familiar celebrations within their communities of faith.
Connection Point Church in Jackson, Missouri, which celebrated virtually last year, is expecting in-person attendance to spike for Palm Sunday and Easter. “With all the other turmoil that’s been on with our society, there is a longing [for] not only normalcy but hope,” pastor Chris Vaught said in an interview with KFVS.
But certain Christian traditions are holding out a little longer. Just 36 percent of Catholics and 27 percent of mainline Protestants say they’ll return for Easter, Pew found. Though historically black Protestants typically rank among evangelicals for the highest levels of Easter attendance, fewer than a third (31%) say they will attend services this year.
One North Carolina preacher shared with local news how his predominantly African American church, Deeper Life Church Ministries, will be reopening on Easter for the first time, but only at a quarter of its 1,000-person capacity. “I’m excited. For any preacher. Resurrection Sunday is their happy day,” he said.
Christians’ Easter plans reflect the ongoing gaps in church attendance. A third of regular churchgoers were back by July 2020, and the rest have incrementally become more comfortable with attending over the past few months.
The majority of churchgoers say their church has opened, either with modifications (64%) or as normal (12%). About half say they require social distancing and masks; 42 percent cap attendance capacity; and a quarter said that services restrict singing.
But most aren’t yet back into the habit of leaving their couches to worship together on Sundays. Among Christians who usually attend church regularly, only 43 percent showed up over past month, while two-thirds of Christians said they attended an online service.
Evangelicals were the only group to have a majority (53%) worship in person, up from 44 percent in July, according to the new report. Black Protestants—whose communities have been hard-hit by COVID-19—are half as likely as other Christians to return to in-person worship. Just 21 percent said they had been back in March.
Church attendance remains lowest in the West, with California’s gathering restrictions keeping many congregations from meeting inside. Just 37 percent of regular churchgoers in the West say they recently attended religious services, compared to 46 percent in the Northeast, 44 percent in the Midwest, and 42 percent in the South.
教派ごとに異なるイースター礼拝の見通し

福音派では、半数以上が対面でのイースター礼拝に参加すると答えている。
一方、カトリック、黒人教会、プロテスタント主流派では多くの人がイースター礼拝への参加は見送る見込み。

新型コロナウイルスの影響を受けて教会が閉鎖された当初、多くのクリスチャンはイースターまでの数週間以内に教会に戻れることを期待していた。
それから1年が経った先日、発表されたピュー研究所の調査によると、米国では福音派信徒の半数以上が対面での礼拝参加を計画しているという。半数を超えるのはこの1年で初めて。

教会自体は再開したところが多いが、イースター礼拝に出席する人数は例年よりも少ない見通しだ。イースターを祝う賛美の声も(マスク着用義務もあり)例年よりも静かなものになることが予想される。
今年、イースター礼拝への参加を計画しているのは全米のクリスチャンのうち、39%だ。(例年は62%)

今年のイースター、他のどの教派のクリスチャングループと比べても、教会に出かける率が高いのは福音派プロテスタント信徒。(52%)
昨年は多くの信徒が車に乗ったままでのイースター礼拝に参加したが、今年は礼拝に参加し、エッグ・ハンティング(隠されたイースターエッグを探す伝統行事)をするといういつもの形で祝う信徒が多くなるとみられる。
通常、イースターは1年を通しても最も教会に行く人の率が高くなる日だ。今年は、(コロナ以前の)馴染みあるスタイルで祝うことを多くのクリスチャンが願うだろうと牧師たちは予想している。

昨年はオンラインでイースターを祝ったコネクション・ポイント教会(ミズーリ州ジャクソン市)は、今年のパームサンデー(イエスのエルサレム入場を祝う日)とイースターは対面での礼拝に参加する人数が大きく伸びるだろうと予想している。
(同教会の)クリス・ヴォート牧師はKFVS(地方テレビ局)のインタビューに応え「大混乱が起こっている社会の中で、元の生活スタイルだけではなく、希望を切実に求める人も多いのです」と語っている。

しかし、他の教派は慎重な姿勢を崩していない。ピューの調べによると、イースター礼拝に参加すると答えたのはカトリックでは36%、プロテスタント主流派では27%に留まっている。
これまで、プロテスタント黒人層はイースター礼拝の出席率が福音派のなかでも特に高いとされてきたが、今年のイースター礼拝に出席すると答えたのは3分の1未満(31%)だ。

ノースカロライナ州にある主にアフリカ系アメリカ人で構成される教会(ディーパーライフ・チャーチミニストリー)の説教者は、地元のニュース番組に対して「興奮しています。 どんな説教者にとっても。 復活祭の日曜日は幸せな日です」と語り、イースターに(コロナ禍が始まって以来)初めて対面での礼拝を行うことを発表した。ただし入場は収容可能人数(1000人)の4分の1に制限するという。

クリスチャンたちのイースターの予定は、コロナ以前から続いていた出席率のギャップが反映されている。日曜日は決まって教会に通う習慣のある人々のうち、3分の1は2020年7月までに対面での礼拝に戻っている。ほかの人々はここ数か月の間に、少しずつ礼拝への出席に慣れてきたようだ。
教会に通う人々の大多数は、自分の教会は礼拝を再開している、と答えている。そのうち礼拝に変更があったのは64%、通常どおりに礼拝を再開したのは12%だ。約半数は礼拝には社会的距離とマスク着用が必須条件として設けられていると答え、42%の人は礼拝参加者に上限が設けられていると答え、4分の1は礼拝中に賛美歌を歌わないと答えている。

しかし、ほとんどの人は自宅リビングから(オンラインでの礼拝参加)ではなく、対面で礼拝する習慣に未だ戻っていない。先月、教会に定期的に通うクリスチャンの中で、(対面での)礼拝に参加した率は43%に留まっており、全クリスチャンの3分の2はオンラインでの礼拝に参加したと答えている。

最新の調査では、対面での礼拝に出席している福音派クリスチャンは53%(昨年7月は44%)。過半数を超えているのは(全グループのなかで)福音派だけだ。地域のコミュニティが新型コロナウイルスによる深刻な影響を受けているプロテスタント黒人層のうち、3月時点で対面での礼拝に戻ったと答えたのはわずか21%。クリスチャンの他の層と比べると、およそ半分の率となっている。

礼拝出席率は西部地域で最も低く、カリフォルニア州では集会制限により多くの教会が屋内での集会を行うことが出来ないでいる。西部地域で普段から教会に通う人のうち、最近礼拝に参加したと答えたのはわずか37%だ。(北東部46%、中西部44%、南部42%)

執筆者はケイト・シェルナット。
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の編集をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2021/march/pew-easter-church-attendance-evangelical-in-person-covid.html

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com