image

「知恵のある人」ほど愚かな人はいない。【聖書からよもやま話357】

主の御名をあがめます。

皆様いかがおすごしでしょうか。MAROです。
本日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

聖書のランダムに選ばれた章から思い浮かんだよもやま話をしようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、エレミヤ書の8章です。よろしくどうぞ。

エレミヤ書 8章8節

どうして、あなたがたは、
「私たちは知恵ある者、
私たちには主の律法がある」と言えるのか。
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

人は自分を「知恵ある者」と思いたがるものです。そして人類はさらに自分たちを「知恵ある者」と思いたがるものです。現代社会で僕たちは、自分たちのことを「歴史上最も進んだ時代を生きている。歴史上最も知恵を持って生きている」とどこかで思っていないでしょうか。科学も発展し、人権意識も進展し、だから現代を生きる我々は過去よりも優れている、と思っていないでしょうか。「私たちは知恵ある者」と言ってはいないでしょうか。

そしてまた、自分たちを「ものの善悪を裁く権利があり、そうする義務のある者」と思ってはいないでしょうか。近頃は誰かの不祥事や犯罪が報道されると、「死刑にすべきだ」とか「業界から追放すべきだ」とか「一生かけて償うべきだ」とか、様々な意見がSNSやニュースコメントに書き込まれ、毎日のように盛り上がります。つまり、いわば「みんなが裁判官」な状態になっています。「私たちの意見こそが、いや私の意見こそが律法である」と、多くの人がそう叫んでいるように見えます。
image
さらにまた、クリスチャンも「私たちには主の律法がある」とばかりに、時として過ちを犯した人を「聖書でぶん殴る」ようなことをしてしまいます。もちろん物理的に聖書で殴るわけではありません。しかし聖書に書いてあることを後ろ盾に、人を裁き、人を責めてしまいます。「私たちには聖書がある」と、聖書を武器に争ってしまうようなことが、残念ながらクリスチャン同士の中でも時々見られます。たしかに聖書に書いてあることは正しい、しかしそれを用いて人を裁くのは神様であって、人間ではありません。クリスチャンであってもそれは同じことです。クリスチャンになれば聖書で人を裁いていい、なんてそれこそ聖書のどこにも書いてありません。

結局は「私は知恵ある者」という態度が、これらの多くの罪を生み出すのかと思います。ソクラテスも学究の基本は「無知の知」であると言いました。「私は知っている」という態度からは学びは生まれませんし、学びがなければ前進も生まれません。「私は知恵のない者です」と神様の前に告白するところから、神様による知恵の注入作業が始まるのかと思います。

大抵のことについては、持っていないものよりも持っているものを数える方が幸せに近づくものです。財産も友人も食事も幸せも、与えられていないものに意識を向けるより、与えられているものに意識を向けた方が良いものです。しかし知恵については、持っているものよりも、持っていないものに意識を向けた方が、幸せに近づくように思います。

それではまた。

主にありて。
MAROでした。

【メールマガジン始めました】
クリプレのメールマガジンが始まりました。日々、クリプレの最新記事を皆様にお届けいたします。無料でご利用いただけますのでよろしければこちらのリンクからご登録くださいませ。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。

横坂剛比古(MARO)

横坂剛比古(MARO)

MARO  1979年東京生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科、バークリー音楽大学CWP卒。 キリスト教会をはじめ、お寺や神社のサポートも行う宗教法人専門の行政書士。2020年7月よりクリスチャンプレスのディレクターに。  10万人以上のフォロワーがいるツイッターアカウント「上馬キリスト教会(@kamiumach)」の運営を行う「まじめ担当」。 著書に『聖書を読んだら哲学がわかった 〜キリスト教で解きあかす西洋哲学超入門〜』(日本実業出版)、『人生に悩んだから聖書に相談してみた』(KADOKAWA)、『キリスト教って、何なんだ?』(ダイヤモンド社)、『世界一ゆるい聖書入門』、『世界一ゆるい聖書教室』(「ふざけ担当」LEONとの共著、講談社)などがある。新著<a href="https://amzn.to/376F9aC">『ふっと心がラクになる 眠れぬ夜の聖書のことば』(大和書房)</a>2022年3月15日発売。

この記事もおすすめ