「不適切な関係」はやがて自分に牙をむく【聖書からよもやま話259】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
本日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

聖書のランダムに選ばれた章から思い浮かんだよもやま話をしようという【聖書からよもやま話】、今日は旧約聖書、エゼキエル書の23章です。よろしくどうぞ。

エゼキエル書 23章22節

見よ、わたしは、あなたの心がすでに離れ去ったあなたの愛人たちを、あなたに対して駆り立てて、周りからあなたを攻めに来るようにする。
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

エゼキエル書23章には一組の姉妹のことが書いてあります。姉は不倫をし、その不倫によって結果的に殺されてしまいました。妹はそれを見ていたのに「自分は大丈夫」と同じように、いやむしろそれ以上にひどい不倫をするようになりました。

この「姉」はサマリヤ、「妹」はエルサレムのことを示す比喩です。サマリヤは神様に従わないアッシリアに心を売って、その結果アッシリアに滅ぼされました。エルサレムはその様子を見ていたのに、バビロニアに心を売ってしまいました。そこで神様は「じゃぁ君はそのバビロニアによって滅ぼされることになるよ」と、エルサレムに告げているのが今日の引用箇所です。そして実際にその通りにエルサレムはバビロニアに占領されました。
image
愛する相手、頼る相手を間違えると、いずれその相手やその行為が自分に牙をむくことがあります。結婚によって結ばれたパートナーがいるのに、他の人を愛するのはまさにそれです。不倫で身を滅ぼす芸能人はいつになっても後を断ちません。彼らは愛する相手をまちがった、つまり不適切な相手を愛してしまった故に、身を滅ぼすことになるわけです。一時は愛し合っていたとしても、その愛が覚めた時に、不倫相手が週刊誌に事実を告発したりするわけです。政治家だって、不適切な相手を愛した、つまり関係を持ってしまった故に身を滅ぼす結果にまさに現在なっています。

「可愛さ余って憎さ100倍」なんて言葉もあります。不適切な関係がその後に大きな敵対関係に変わってしまうことが人間社会には多々あります。ましてその相手はかつて愛し合っていた故にこちらの弱みをたくさん知っています。不適切な関係は時として巨大な脅威を生むんです。

僕たちクリスチャンはどうでしょう。神様以外との不適切な関係はありませんか。お金、地位、名誉、世間体、情愛・・・世は僕たちクリスチャンを「不適切な関係」に誘惑するものに満ちています。しかしそういったものを僕たちが神様より優先して「不適切な関係」を結んでしまえば、やがてそれらのお金、地位、名誉、世間体、情愛・・・そういったものが脅威として僕たちに牙をむくことになるかもしれません。それによって身を滅ぼす結果に至るかもしれません。重々気をつけなくてはいけないなと思わされます。

それではまた明日。

主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。

Related Posts

 

オンライン献金.com