大井満責任編集 わたしたちの希望(山崎龍一)【本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 山崎龍一

あたかも一人が語るひとつの説教のように
〈評者〉山崎龍一

2021 ケズィック・コンベンション説教集
わたしたちの希望
パンデミックの時代に

大井 満 責任編集
四六判・200頁・定価1430円・ヨベル
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 1875年、イギリス湖畔地方ケズィックの地で、「聖書的・個人的・実践的きよめ」が聖書講解説教よって語られる聖会として産声を上げ、日本では1962年に「日本キリスト者修養会」として始まったのが「日本ケズィック・コンベンション」です。2021年は60回を迎える節目の年でしたが、新型コロナウィルス感染拡大のためオンラン集会となりました。説教集は「わたしたちの希望~パンデミックの時代に」と題されることになったのです。
感染拡大は私たちに人生の計画の変更、社会に無力感・失望を与えました。ある人の人生が途絶え、遺された者に深い悲しみをもたらしました。その困難な時代に、神を信じる者の「聖さと希望」が語られたのです。開かれた聖書箇所は預言者の時代、バビロン捕囚帰還後の時代、異邦人としての歩みが困難な時代、キリストを信じることが迫害や死に繋がる時代と、聖書全体を網羅するかのようです。
キリスト者のもつ希望とは、決して「困難に打ち勝って、前を向いて歩もう」というスローガンではなく、キリストの十字架と現在に続く聖霊の働きであることが、最初のメッセージから方向付けられています。
続く複数の説教では、困難の現実的解決ではなく「実践的きよさを促進」し、主への服従の生活、聖霊に満たされた生活を歩むことによって、希望に生きることが語られます。希望と忍耐という生き方は主の答えを「待つ」こと、「新たな決断」そして、そこに人生の真の勝利があると説教は続きます。勝利はキリストに似たものとされ、神と人に仕える人に変えられていくこと、希望とは「神との平和、今立っている恵み、神の栄光にあずかる」ことであり、その根源はみ言葉への傾聴であると語られます。さらに青年への説教では、自分の罪に嘆きながらも主の赦しに生きる中で、主は一人一人の人生に使命を与えてくださり、交わりの中で遣わされていくことが語られ、勇気と励ましが与えられます。(続く。。。)

本のひろば.comで見る

Related Posts

 

オンライン献金.com