【新生宣教団】 ウクライナ支援レポート 聖書と支援物資をウクライナへ

新生宣教団

今年の2月に急遽始まったロシアによるウクライナ侵攻。それにより多くのウクライナ市民が戦禍に巻き込まれました。ウクライナの近隣諸国では、ウクライナの人々の支援に乗り出しています。
私たちの姉妹団体「ニューライフ・ミニストリーズ・ノルウェー(以下NLMノルウェー)」も、ノルウェーやウクライナのキリスト教会、団体と手を取り合い、支援団体「ウクライナエイド(Ukrainahjelpen Karmøy)」を発足しました。

新生宣教団は5月に、ウクライナ語新約聖書2万5千冊を急遽印刷し、現地で支援活動をするNLMノルウェーに送りました。聖書は8月に現地に到着し、早速8/27~9/2の7日間に18,600冊が配布されました。
現地で支援活動にあたったNLMノルウェーから、その活動のレポートが届きましたのでお分かちします。

支援チームは、援助物資とウクライナ語新約聖書を届けるため、ウクライナ・リヴィウの新生児病院とその周辺に赴きました。旅程は8/27から9/2の7日間で、往復距離は4,000kmに及びました。

ウクライナ支援レポート

8月27日、私たちはバン、大型車、トレーラーに18,600冊のウクライナ語新約聖書、160キログラムの粉ミルク、300袋の新生児用おむつを積み込みました。ミルクやおむつはリヴィウ市の、ある病院のクリスチャンドクターの要請によるものです。

ノルウェーからウクライナまで車で行くには、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ポーランドを横断しなければならず、8月30日にようやくポーランドとウクライナの国境に到着しました。国境を渡るために待機していた車の列は少なくとも1キロはありましたが、私たちは「人道支援」と書かれた看板を掲げていたおかげで、その列を通り過ぎて国境に直行することが許されました。

聖書と支援物資をパッキング

国境のポーランド側に着いた時、ウクライナ側のコンピューターシステムがダウンしていて、国境を渡ってウクライナに入ることができないことがわかりました。別の国境検問所に行くためにさらに2時間運転しなければなりませんでした。私たちは全員同じように別の検問所を通り、2時間後には国境を越え、ウクライナに入ることができました。
ウクライナの目的地であるリヴィウ市は、国境から車で1時間半のところにあります。問題は、23時から6時までの間は外出制限があるため、その間は誰も外に出られないことでした。 私たちがウクライナに到着した時、すでに遅い時間になっていました。私たちの車の1台は23時前に着きましたが、もう1台は真夜中の到着になってしまいました。彼らは検問所で止められましたが、人道支援物資を持ってきたということが分かったため、警官は何の問題もなく喜んで私たちが寝る場所まで車で送ってくれました。

「人道支援」と書かれた私たちのトラック

リヴィウの人々との出会い

翌朝、リヴィウ市で私たちと連絡を取っていたヴォルドージャ牧師に会いました。私は戦前にウクライナにある彼の教会を訪れたことがありますが、彼は喜びに溢れた、キリストにある偉大な兄弟です。私たちがウクライナの人々を助け、祝福するためにノルウェーからはるばるやって来たことを、 彼は心から感謝していました。また、私たちはノルウェーからの食べ物や援助を提供することもできました。

それから彼は私たちを市役所に連れて行ってくれました。リヴィウ市は人口80万人の都市で、市役所は大きくて美しい建物でした。 ヴォルドージャ牧師の教会に所属している市議会議員たちにも会いました。ヴォルドージャ牧師は市内のすべての学校、幼稚園、病院の責任者でもあります。それから牧師は私たちを市の副知事のオフィスに連れて行ってくれました。

ヴォルドージャ牧師との再会

大きな責任を担う副知事は、まだ若い男性でした。私たちは彼に、新約聖書を届けるためにウクライナに来たと伝え、希望と平和のメッセージであるイエス様の福音をウクライナの人々に届けたいと言いました。彼は、私たちが戦争中の国に危険を冒して来たことに大きな感謝を表してくれました。
私たちは多くの新約聖書を渡し、彼のために、そしてウクライナの平和のために、また、祖国のために戦っているすべての人々のために一緒に祈りました。
彼はまた、2月から5月にかけて市が難民で溢れかえっていたことを話してくれました。この都市だけでも最大で250万人の難民がいたそうです。市当局は、スポーツホール、劇場、学校、教会、幼稚園などで難民を受け入れ、めざましい働きをしていました。その後、いくつかの難民キャンプが建設されました。

【新生宣教団】ウクライナ支援レポートー聖書と支援物資をウクライナへ続きはこちらから….

クレジットカードで寄付する

■ 毎月寄付する

  • 決済画面の寄付指定欄にて用途をご指定ください。「なし」の場合は最も必要とされている働きのために使われます。
  • 国際ブランド(VISA、MASTER)のいずれかのロゴがついていれば、発行しているカード会社に関係なくご利用可能です。
  • お申込みいただきました金額は、各カード会社との規約に基づいて、通常のカードご利用と同様にご指定の口座より振替させていただきます。
  • 領収書の発行をご希望の方は、新生宣教団宣教部までご一報ください。領収書の日付は、ご寄付受付日ではなく、決済代行会社(ROBOT PAYMENT)から新生宣教団に入金された日となります。領収書は、当該ご寄付の入金確認後に発行するため、ご寄付受付日から領収書発行まで2~4か月かかる場合があります。あらかじめご了承ください。

特定商取引法に基づく表記

宗教法人 ニューライフ・ミニストリーズ
代表役員 リーダル ロアルド
埼玉県比企郡鳩山町熊井170番地
049-296-0727
w-mission21@newlifeministries.jp
各寄付ごとに表示
[都度の寄付の場合]
寄付申し込み時点
[毎月自動送金お申し込みの場合]
初回申し込み時に決済、次月以降は毎月同日
クレジットカード(VISA、MASTER)
クレジットカードでのお支払いは、株式会社ROBOT PAYMENTの決済代行サービスを使用しています。
決済情報はSSLで暗号化され、安全性を確保しています。また、ROBOT PAYMENT社のSSL証明書はベリサインにて発行しています。
なし
寄付なので該当しない
寄付なので該当しない
寄付なので該当しない
寄付なので該当しない
寄付のため、返金・キャンセルについてはお受けできません。
毎月自動送金の登録解除を希望の場合は、下記お問い合わせ先か、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。次回決済日までに解約をしていただければ、次回以降の請求は発生いたしません。
宗教法人 ニューライフ・ミニストリーズ 新生宣教団 宣教部
w-mission21@newlifeministries.jp 049-296-0706(月~金曜日 9:00~17:00 ※祝日を除く)

新生宣教団は、日本をはじめ世界の人々のために、各国の言葉で聖書や福音文書などを印刷するキリスト教プロテスタントの宣教団体です。
新生宣教団はキリスト教超教派の団体として、1954年に「新生運動協力会」として設立されて以来、児童伝道、放送伝道、文書伝道などを行ってきました。今ではこれらの活動は文書伝道(印刷)に集約されています。
いつの時代も聖書を求める声がなくなることはなく、私たちはそんな切なる求めに応えるべく、国内外のミッションパートナーと協力して力を尽くしています。
私たちの目標は、神の愛によって日本が変えられること、そして全世界に聖書の御言葉が届けられることです。

関連記事

 

オンライン献金.com