断片から見た世界

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 「実在のうち、最も光り輝くもの」

    洞窟の囚人の修練が到達する終着点とはプラトンの『国家』で語られる「洞窟の比喩」における重要な論点の一つは、人間存在が…

    • 断片から見た世界特集

    【断片から見た世界】『告白』を読む 天との関わりのうちで生きるということ

    〈光〉に対して、どのように向き合うかプラトンの「洞窟の比喩」における囚人は解放された当初、それまで見ていた影の世界を…

    • 断片から見た世界特集

    【断片から見た世界】『告白』を読む 知を愛することへ向かって

    「洞窟の比喩」をめぐって考える『告白』におけるアウグスティヌスの探求を、特に、新プラトン主義の哲学との関係を理解する…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 「洞窟の比喩」へ

    プラトン哲学の核心へアウグスティヌスは自分自身の実存を賭けた真理の探求を進める中で、新プラトン主義の思想に出会いまし…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 「古代」を突き抜けて「中世」へ

    アウグスティヌスの探求は、いかにしてキリスト教にたどり着いたのか?よく知られているように、「生きることの意味」をめぐ…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 「歴史」を生きるということ

    アウグスティヌスの探求は、哲学の歴史においてどのような意味を持つものであったかアウグスティヌスの真理の探求は、さまざ…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 「悪の起源」をめぐる問い

    「悪の起源」に関する問いアウグスティヌスが自分自身のうちで働く「自由意志」の存在に気づくに至ったのは、彼が以前から「…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 自由意志の発見

    真理の探求が大詰めを迎える悩みは尽きませんでしたが、30歳の年齢を過ぎたアウグスティヌスの真理の探求は少しずつ、しかし…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む エピクロス派の哲学をめぐって

    「善悪の究極について論じ合う」:エピクロス派の哲学をめぐって苦悶のうちで続けられたアウグスティヌスと友人たちの議論は…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む アリピウスとの議論

    アリピウスとの議論回心の可能性が少しずつ迫りつつある頃、アウグスティヌスは親友のネブリディウスとアリピウスと共に、人…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 霊と肉との争い

    「時は過ぎ去り、わたしはわたし自身のうちで死んでゆく」アウグスティヌスの問いかけが深まってゆくにつれ、彼の中で「回心…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む いかに生きるべきか、その道を知らない

    気がつくとアウグスティヌスは、「青年」と呼べる年齢を過ぎていた気がついてみるとアウグスティヌスは、もう30歳の年齢を過…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 自力の限界

    剣闘士の見物で将来をだめにしかかっていたアリピウスアウグスティヌスの年若き親友アリピウスは剣闘士の見物に夢中になるあ…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 親友アリピウスの悩み

    年下の親友アリピウスアウグスティヌスは「生きることの意味」の問題をめぐって悩み苦しんでいましたが、孤独なわけではあり…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 物乞いの男性を見て

    アウグスティヌスが遭遇した「出来事」について人々の前でローマ皇帝への賛辞を述べるほどに出世の道を歩みつつあったアウグ…

    • 断片から見た世界

    【断片から見た世界】『告白』を読む 内なる呼び声

    アウグスティヌスの「惨めさ」について司教アンブロシウスのもとでキリスト教についての学びを進めつつあったアウグスティヌ…

    • 断片から見た世界

    【哲学名言】断片から見た世界 「重荷」を引き受けること

    アウグスティヌスの学びが、一定の収束点へと達する司教として多忙な生活を送るアンブロシウスと直接に話をする機会はあまり…

    • 断片から見た世界

    【哲学名言】断片から見た世界 司教アンブロシウスの日常

    アウグスティヌスの「歯がゆい思い」司教アンブロシウスの話を聞いているうちに、青年アウグスティヌスは、彼が話しているこ…

    • 断片から見た世界

    【哲学名言】断片から見た世界 「使命」を果たすという生き方

    青年アウグスティヌス、司教アンブロシウスを通してキリスト教の教えを学ぶアウグスティヌスはローマから移ってきた先のミラ…

    • 断片から見た世界

    【哲学名言】断片から見た世界 アンブロシウスとの出会い

    司教アンブロシウスとの出会い29歳のアウグスティヌスに、その後の人生のあり方を変えるような大きな出会いがやって来ます。…