J・D・クロッサン著/小磯英津子訳/河野克也解説 最も偉大な祈り(石田学)【本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 大貫隆

革命的な宣言としての主の祈り
〈評者〉石田 学


最も偉大な祈り
主の祈りを再発見する

J・D・クロッサン著/小磯英津子訳/河野克也解説
A5判・256頁・定価4180円・日本キリスト教団出版局
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 

ドミニク・クロッサン、この刺激的で挑戦的な新約学者が、イエスの「アッバの祈り」に基づいて「主の祈りを再発見」させてくれる著作です。本書はクロッサンの学術的研究を基盤としていますが、専門的な研究書ではなく、研究に裏付けられた、イエスの教えについての解釈であり、かつ現代のわたしたちに対する祈りへの招きです。著者自身が本書を「イエスのアッバの祈りに関する聖書的黙想の書」(二三二頁)と呼んでいるとおりです。わたし自身読みながら何度も黙想させられました。
クロッサンは主の祈りを、宗教の枠を超えて、全世界に対して意味のある祈りであるという確信を込めて、こう定義します。「私にとって、主の祈りは革命的な宣言であり希望の賛歌です」(四頁)。プロローグとエピローグ、そして八つの章で構成されている本書は、章ごとに主の祈りの項目を一つずつ取り上げていますが、各章はそれぞれの祈りを独立的に扱うのではなく、一つの祈りの項目が次の祈りへと、クロッサン自身の言葉によれば「クレッシェンド」的につながってゆきます。どの章も、古代から現代までの多岐にわたる物語から語り始められます。第一章が空港の電気コンセントの物語から始まり、第二章は紀元二世紀の一人のユダヤ人女性の話から始まるといったように。そしてそれぞれの物語が、隠喩として各章の祈りの主題につながります。

J・D・クロッサン著/小磯英津子訳/河野克也解説 最も偉大な祈り(石田学)【本のひろば.com】の続きを「本のひろば」で見る

クリプレ全体から検索

 

オンライン献金.com