米上院選決選投票で中絶反対派候補に「中絶強要」疑惑

AFP通信が11月23日、ロサンゼルス発として報じるところでは、米中間選挙で決選投票にもつれ込んだジョージア州の連邦上院選で、妊娠中絶反対派の共和党候補ハーシェル・ウォーカー氏=写真=に中絶を迫られたとする女性が名乗り出た。

女性は22日、ロサンゼルスで開いた記者会見で「あなたはジョージア州の有権者にうそをつくことも含めて、上院議員になるためなら何でもするつもりなのか」「公衆の面前で私の目を見て、私のことを知らないと言える度胸があるのか?」と非難した。

女性は1987年11月に既婚者だったウォーカー氏と交際を開始し、93年4月に妊娠に気付いたと主張している。自分一人で中絶手術を受けに行く途中でためらって引き返したが、ウォーカー氏に車で中絶クリニックへ連れ戻されたという。

ウォーカー氏をめぐっては先月にも別の女性が名乗り出て、2009年に中絶手術を受け、費用をウォーカー氏が負担したと主張した。ウォーカー氏はどちらの疑惑も否定している。(CJC)

関連記事

 

オンライン献金.com