10月12日 コリントの信徒への手紙二12章9節

すると主は「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。
コリントの信徒への手紙二12章9節(参照箇所同書12:1〜10節)

 

人は強いときには、身の回りに起ったことの中の真実に気付きません。見えるのは自分の真実です。ところが病気になったり、挫折をしたり、いわれのない非難中傷を浴びるとついつい自分の弱さを見せつけられてしまいます。けれども人はそのようなとき、身の回りに何が起っているのか、他人は何を考えているのかがよく分かるものです。パウロは「わたしの身に一つのとげが与えられました」(7節)と言っていますが、このとげが何であるかは定かではありません。この「とげ」については、よほど辛かったと見えて、三度も取り去ってもらいたいと願ったとありますが、この願いは聞き届けられなかったのでした。

パウロは、このことについて、「主は『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分発揮されるのだ』と言われました」と言います。取り去ってもらいたいと願うほどの「とげ」であるのに、その「とげ」があればこそ見えてくるものがあるのです。パウロがそこにキリストによる力を見ました。もし彼が強ければ、けっして見ることはなかったものです。この力があるので、「わたしは弱いときにこそ強い」(10節)と言い得たのです。

 

オンライン献金.com