騒がしいところで電話をかけてはいけません。【聖書からよもやま話174】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
今日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

毎回、新旧約聖書全1189章からランダムに選ばれた章を読んで、僕の心に浮かんだ事柄を、ざっくばらんに話してみようという【聖書からよもやま話】、今日は 旧約聖書、  イザヤ書の59章です。それではよろしくどうぞ。

◆イザヤ書 59章1〜2節

見よ。主の手が短くて救えないのではない。
その耳が遠くて聞こえないのではない。
むしろ、あなたがたの咎が、
あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、
あなたがたの罪が御顔を隠させ、
聞いてくださらないようにしたのだ。
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

騒がしいところから電話がかかってきて、話がよく聞き取れずに「ちょっとよく聞こえません」って言ったら、相手が「なんだって!あんたは耳が遠いのか!もういい!!」なんて怒ったとしたら、すごく理不尽を感じますよね。だってもちろん、その話が聞こえない原因は「受け手の耳が遠い」ということではなく、「かけ手の周りが騒がしい」ということですから。騒がしいところから電話をかける方が悪いわけです。

しかし実は僕たちは神様に対して同じことをしてしまいがちです。神様が時に僕たちの祈りを聞いてくださらないように思える時、僕たちはつい「神様が聞いてくださらない」とか「神様なんていないんじゃないか!」なんて思ってしまったりしますけれど、祈りが聞かれないことの原因は神様の側ではなく、僕たちの側にあるのだと聖書は告げています。つまり僕たちの心にある罪が、神様の助けを妨げているのだということです。つまり、言うなれば僕たちは騒がしいところから神様に電話をかけて「神様は僕の話を聞き取ってくれない!」と怒っているようなものなんです。神様からすれば「そっちがうるさいから何言ってるかわからないんだよ!!」って気持ちかもしれません。

image

Photo by Icons8 Team on Unsplash

別のたとえをするならば、ずっと地下室にこもっている人が「僕はずっと太陽を見ていない。だから太陽なんてないんだ」と言っているようなものです。誰に閉じ込められているわけでもなく、自分でドアを閉めてこもっているのに、「陽の光がここまで入ってこないのは太陽が悪い」と言っているようなものです。そのドアの外ではイエス様が「出ておいでー」とノックし続けてくださっているのに。

神様を遠く感じてしまう時。そんな時はどんなに熱心なクリスチャンにでもあります。でも神様は決して僕たちから遠ざかったりしません。僕たちの方が神様から遠ざかっているんです。神様の声がよく聞こえない時、それは神様の声が弱いのではなく、僕たちが騒音、すなわち罪に囲まれているからよく聞こえないってことなんです。

神様の声がよく聞こえないな、と思ったら自分が騒音に囲まれていないかをまずチェックする必要があるんです。

それではまた明日。

主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。

Related Posts

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com