意外と知らない「母の日」の由来

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1908年5月10日 世界で初めての「母の日」

アメリカ南北戦争時代、「これは母の仕事である」と、地域の女性を結束させ、敵味方問わず兵士の看護をし衛生状態を改善するために尽力した、アン・ジャービスという人がいました。彼女の死から2年がたった1907年5月12日に、その娘のアンナ・ジャービスが教会で母の追悼を行いました。このときに白いカーネーションを捧げたのが、母の日にカーネーションを贈る由来だそうです。

この1907年の追悼に感銘を受けた人たちが1年後の1908年5月10日に教会に集まり、みんなで母の日を祝いました。その時に集まった人数は1000人に迫るほどだったそうです。フィラデルフィアの教会から始まったこの「母の日」は瞬く間に広がり、1914年にはアメリカ全土で記念日とされ、その日付も5月の第2日曜日と定められました。

ちなみに「母の日」の日付や由来は国によってかなり異なり、たとえばイギリスやアイルランドでは、イースター(復活祭)の前の受難節の真ん中ごろに祝いますし。その起源は17世紀ごろまでさかのぼるそうです。

日本では1931年に結成された大日本連合婦人会が当時の皇后陛下の誕生日であった3月6日を「母の日」として普及させようとしましたがうまくいかず、戦後1949年頃からアメリカ文化の流入に伴いアメリカ流の母の日が普及しました。

それではまたいずれ。

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com