「エッセイ」の語源を作った世界最初のエッセイスト 

今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1533年2月28日 モンテーニュの誕生日

モンテーニュは16世紀フランスの思想家で、主著は『随想録(エセー)』です。この本が現在のいわゆる「エッセイ」の語源で、思うままに断片的に考えを記す試みは当時としては画期的でした。もともとフランス語の「エセー」という言葉は「試み」という意味ですから、このことからもこの形式がどれだけ新しいものであったか分かります。つまりモンテーニュは世界最初のエッセイストだということになります。

モンテーニュはカトリックの信徒でしたが、プロテスタントにも理解を示し、両者の和解を強く望んでいました。随想録の中ではその争いをかなり強く批判しています。また、プラトンやアリストテレスなどの古代の哲学者からの引用がかなり多く、聖書からの引用はほとんどなかったので、後に教会から「無神論的」であると禁書に指定されてしまいました。もちろん今では禁書でもなんでもありませんから読めますし、フランスでは現代でも非常に人気のある本なのだそうで、ミッテラン元大統領の公式写真はこの『随想録』とともに写ったものでした。

それではまた明日。

Share


ハンガーゼロPC

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com