人間の寿命は最長120年と神様が決めました。

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1875年2月20日 ジャンヌ・ルイーズ・カルマンさんの誕生日

ジャンヌ・ルイーズ・カルマンさんは、人類史上最も長く生きたとされている人で、1875年に生まれて、なんと1997年まで生きました。122歳です。1988年のゴッホの「ひまわり」百周年記念の時に、ゴッホに直接会った人として、有名になりました。そのゴッホについては「酒癖が悪い」と評していたんだそうです。

人間の寿命はどれだけ長くても120年って、実は聖書にはっきり書いてあるんです。方舟(はこぶね)で有名なノアさんまでは、人類の寿命は900年とか800年とかあったんですけど、ノアさん以降、神様は「人の寿命は120年ってことにしよう」って言って、それで人の寿命は本当に120年になったんです。ジャンヌさんは122歳でしたから、2年多く生きたと言えばそうなんですが、まぁ誤差の範囲ということで、「だいたい120年」というのは今も崩れていないんだと思います。

「わたしの霊は、人のうちに永久にとどまることはない。人は肉にすぎないからだ。だから、人の齢は百二十年にしよう。」創世記6:3

人が死ぬのは悲しいですけど、悲しむ自分もだいたい120年以内には死ぬ。誰もがそれは逃れられないことです。でも、神様からいただいた、最長120年の任期、と思うとそれもまた楽しくも思うんです。

 

それではまた明日。

Share

Related Posts


ハンガーゼロPC

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com