自分で思うより自分は美しくない【聖書からよもやま話282】

主の御名をあがめます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。MAROです。
本日もクリプレにお越しいただきありがとうございます。

聖書のランダムに選ばれた章から思い浮かんだよもやま話をしようという【聖書からよもやま話】、今日は  旧約聖書、エゼキエル書の32章です。よろしくどうぞ。

エゼキエル書 32章22節

あなたは自分を国々の若獅子だと思っている。
しかし、あなたは大海の巨獣のようだ。
川の中で暴れ回り
足で水をかき混ぜ、
その豊かな流れを濁らせる。
(『聖書 新改訳2017』新日本聖書刊行会)

これはエジプトのファラオや、世の王たちに向けられたことばですが、現代の僕たちにもまた投げかけられていることばかと思います。人間というものは特に力を持ったときに、自分を過大評価してしまうものです。自分の力だけでなく、その人格や立ち振る舞いについても過大評価してしまったりします。

しかし神様は言います。お前はそんなに美しくも強くもないと。むしろ醜く、しかも醜いばかりでなく周りの空気をも濁しているものだと。

僕もそれなりの年齢になりましたから、ビジネスでもプライベートでも、それなりに上手にコミュニケーションができるようになりました・・・と、言いたいところですが、まったくそんなことはありません。だいたい「うん、僕もそれなりにそつなくコミュニケーションをこなせるようになってきたもんだ」なんて思った頃に、何か失敗をやらかして周りの人から叱られたり、いつの間にやら悪評が立ってしまっていたりします。そんなとき、僕は自分のコミュニケーション能力について明らかに慢心してしまっているのです。若獅子のようにスマートに振る舞っているつもりで、実は巨獣のように周りの水を濁してしまっているんです。

「できるようになったな」と思った時こそ、真に「できない」ことが現れて、それによって打ちのめされる。そんなことが人生には何回もあるのではないでしょうか。もしかしたら年に何回もあるのではないでしょうか。僕にはあります。その度に「僕は若獅子ではなく巨獣なのだ」と思い知らされるのに、またすぐにそれを忘れて「僕は若獅子だ!」と振る舞って、また失敗をやらかしてしまう・・・そんな繰り返しです。

たぶん、若獅子よりも僕たちは悔い改めた巨獣、心優しい巨獣を目指す方がいいのかもしれないなと思います。

それではまた明日。

主にありて。
MAROでした。

【おねがい】
クリプレは皆様の献金により支えられています。皆様から月に300円の献金をいただければ、私たちはこの活動を守り、さらに大きく発展させてゆくことができます。日本の福音宣教のさらなる拡大のため、こちらのリンクからどうか皆様のご協力をお願いいたします。


Related Posts

 

オンライン献金.com