神様からの「あなたを愛しているよ」のメッセージを一枚の写真に込めて。写真家・市川五月さん

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

――どんな活動をされていますか?

フリーランスの写真家として、ウェディングや家族写真などのポートレイトを中心に、WEBや紙媒体の広告や取材撮影なども請け負っています。

――もともと写真を撮ることに興味があったのでしょうか?

そうですね。とくに初めの頃は風景写真が好きで、神さまの被造物を撮ることで、神さまの素晴らしさを伝えたいという想いから、いろんな風景の写真を撮っていました。
高校卒業後の進路について祈っていたときに、なんとなく目的がないまま大学に行くよりも好きなことを仕事にしたいという気持ちが芽生え、「写真に関わる仕事をしよう」と就職したのが写真屋さんです。

――撮る側ではなく、プリントする場所ですね。

ええ、そうです。
この会社が印刷にこだわっていて、プロのカメラマンさんも使ってくださるような場所で。ここで仕事をしたり、お客様と色々なお話をするなかで自分も撮る側になりたいと思うようになり、働きながら1年間写真学校に通って、基礎から学びました。

――フリーランスの写真家として、どうやって仕事の幅を広げていったのでしょうか?

当時、流行っていたmixiに自分が撮影した空の写真や、友達の結婚式の写真を上げていたら、それをたまたま、ウエディングフォト業界第一線の事務所の社長さんが見つけて、スカウトしてくださったんです。
でも、私はクリスチャンなので、礼拝がある日曜日は仕事ができません。そのことを伝えたら社長が「自分もミッションスクール出身だからわかるよ。婚礼はどちらかというと土曜日の方が多いから、日曜日は休んでも大丈夫」と言ってくださって。とてもありがたかったです。この事務所での経験が、今の自分にも大きく活きているなと感じています。

――懐の深い社長さんですね。そんな事務所を辞めて、次のキャリアに進むきっかけはなんだったのでしょう?

当時はまだフイルムで撮影して、現像して、アルバムを作成して…という流れが主流でした。私が働いていた事務所では、カラーとモノクロ、両方撮影をして、手焼きでプリントをしていたんですね。
ただし、現像やアルバムを作るのはアシスタントの仕事で、私たちカメラマンの仕事は打合せや当日の撮影、納品のときに立ち会うこと。仕事を続けるなかで、もっとお客さまと深くかかわりたい、写真に関わる一連の作業を全部自分でやりたいと思うようになり、独り立ちすることを決めました。

神様からの「あなたを愛しているよ」のメッセージを一枚の写真に込めて。写真家・市川五月さんの続きはこちら

キリスト教イラスト素材集たまものクラブ

#たまものクラブ
#写真家

クリプレ全体から検索

 

オンライン献金.com