世界最大級の葬儀で召天した教皇ヨハネ・パウロ2世

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆2005年4月2日 教皇ヨハネ・パウロ2世召天日

ヨハネ・パウロ2世は1978年10月16日から2005年4月2日まで在位したローマ教皇で、在位26年5ヶ月というのは、ピウス9世についで歴代2位の長期間在位でした。

GWB LB DIGITAL 12:35 Statements with Pope John Paul II.

ヨハネ・パウロ2世は様々な宗教との対話を重視し、それを実践したので2005年4月8日に行われた葬儀には、カトリック諸国のみならず、プロテスタント諸国はもちろん、イスラム諸国や社会主義諸国の要人も多数参加しました。要人のみならず、カトリック信徒も30万人が参列し、葬儀に直接参列しなくても、教皇の死に関連してバチカンを訪れた人は500万人にもなると言われています。これは2000年以上におよぶカトリック教会の歴史の中でも最大級のものです。

その事績を称えて、2013年にカトリック教会で聖人と認定されました。キリスト教界のみならず、世界史的に、大きな功績を残した教皇でした。

それではまた明日。

 

オンライン献金.com