英雄を真に英雄たらしめるのは「敗北」です。

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1867年3月29日 サイ・ヤングの誕生日

先日、日本のプロ野球が開幕し、もうすぐメジャーリーグも開幕しますが、メジャーリーグといえば毎年話題になるのが、その年に最も優れた投手に贈られるサイ・ヤング賞です。昨年はダルビッシュ投手がこの有力候補にあがり話題になりました。この賞を受賞することは投手にとって最高の栄誉とされています。

この賞の名前になっているのが、伝説の名投手で「野球の神様」とまで呼ばれるサイ・ヤングです。本名はデントン・トゥルー・ヤングといいますが、彼の投げる球がまるでサイクロンのようだということで、「サイクロン」を略した「サイ」というニックネームで呼ばれるようになりました。

サイ・ヤングの野球人生はまさに記録ずくめで、815試合に登板し、そのうち749回を完投、511勝をあげました。この数字はどれもいまだに破られていないメジャー記録です。また一方で、被安打7082、敗戦316というのもいまだに破られていないメジャー記録です。「神様」の輝かしい記録の裏には、輝かしくない記録もあるんです。しかしこのことがさらに彼をリアルな英雄としてくれます。

将棋界で2017年に引退した加藤一二三さんも、輝かしい記録の裏に、1180敗という歴代1位の記録を持っています。英雄を英雄たらしめるのは、勝利だけでなく敗北でもあるのだということを思わされます。

本物の神様であるイエス様も、十字架という「敗北」を経験しましたが、その「失敗」こそが世界中の人に救いをもたらしました。イエス様の救いを完成させたのは、数々の奇跡という「勝利」ではなく、十字架という「敗北」なんです。他のどんな奇跡があっても十字架がなければ救いは完成しなかったんです。

「勝利」ばかりに目を向けてしまうことの多い僕たちですけど、「敗北」の価値を見直すことも必要なのかもしれません。

それではまた明日。

 

 

 

オンライン献金.com