青山学院大学宗教主任会編著 大学の祈り(佐原光児)【本のひろば.com】

本のひろば.com
評者: 佐原光児

建学の精神をつなぐランナーたちの足跡
〈評者〉佐原光児


大学の祈り
見えないものに目を注ぎ

青山学院大学宗教主任会編著
四六判・128頁・定価1320円・日本キリスト教団出版局
教文館AmazonBIBLE HOUSE書店一覧

 

キリスト教主義学校で働く宗教主任たちは、駅伝ランナーなのかもしれない。
ランナーがタスキをつなぐことに情熱を注ぐように、受け継ぐ建学の精神に全霊をかける人たちがいる。ランナーが割り当てられたコースを熟知するように、この世界と大学が進もうとする道のりに想いを馳せ、それを見極めようとする。創立以来の祈りを未来へとつなぐためだ。
また駅伝ランナーがチームの仲間を心にかけ、応援してくれる人たちへの感謝を覚えて走るように、その想いはいつも学校の同僚と学生たちに向けられている。タスキがつながれるためなら裏方に回り、サポート役に徹することもあるだろう。
全国のキリスト教主義学校で宗教主任やそれに準ずる働きをしている方々の責任は大きい。だが、その存在意義を組織全体が理解しているとは限らない。キリスト教への無理解にペースを乱すこともあれば、建学の精神が経営判断に飲み込まれそうな悪天候をいくこともある。喜びも多いが、荷車を引くような足取りが続くこともあるだろう。この現実を受け止め、建学の精神を懸命につなぐ青山学院大学宗教主任・宣教師の祈りの足跡が、本書である。
本書にはさまざまな場面でささげられた祈りが収められている。入学式や卒業式などの式典、もろもろの会議や箱根駅伝壮行会、クリスマスなどのキリスト教行事に合わせたものがある。さらに、学生や同僚である教職員の現実に応えようとする祈りもある(失恋した時、学業継続に悩んだ時、心が重い時、病で離職する時など)。動物実験に関する祈りは、研究において命を扱う実情を感じさせる(もちろん、動物実験そのものに対する賛否もあるだろう)。また「パソコンの調子が悪い」時の祈りは、笑いながら同意したくなるユニークなものだ。こうした祈りを受け取る人の中には、その言葉と祈る人の姿に、神の想いを見て取る人がきっといるだろう。
つづきを 本のひろば.comで見る

Related Posts

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com