神に「ゆだねる」ことは努力の放棄ではない 【発達障害クリスチャンのつぶやき】

2018年、私は何回目かのダウンで実家に滞在していました。徒歩20分くらいのところに、礼拝出席者数5人くらいの小さな教会があり、日曜の礼拝と木曜の祈祷会に通っていました。そこの牧師さんは大手企業のエンジニアを辞め、独学で学び牧師になった人でした。そのパートナーさんとのある日の会話です。「私、信仰って一生懸命聖書を読んで、一生懸命お祈りをするのだと思っていた。そうではないよね」「ぼくも『ゆだねる』ということを覚えたのは仕事を辞めてからだね」。その教会は人数が少なかったのですが「ゆだねて」いました。

教会でよく聞く言いまわしであるこの「ゆだねる」という意味を人に伝えることは容易ではありません。私は両親がクリスチャンではないので、その実家滞在の間も、ひたすら「ゆだねる、ゆだねる」と言っていました。ほかに言ってくれる人はいなかったので、自分で自分に言っていたのです。でも、言えば言うほど両親は反発してきます。父は「そんなになんでもゆだねちゃって、なーんにも努力しなくなったら人間ダメなのだ!」と。そういう意味ではないんだけどなぁ……。それでも私が「ゆだねる」と言っていたら、父は「『天は自ら助くる者を助く』というのは聖書の言葉じゃないのか」と言ってきました。のちに図書館まで行って調べたところ、「自助論」という19世紀イギリスの本に出てくることが分かりました。日本に入ってきたのが明治初期で、聖書の言葉と同時期なので聖書の言葉のように勘違いされるようです。神がいないから自分で自分を助けなければならないのか、自分で自分を助けるから神も隣人もいらなくなるのか、どちらかは定かではありませんが、少なくとも「自分で自分を助ける」ことと「神や人に頼る」こととは正反対でしょう。

かくいう父も新幹線に乗るときに「ゆだねて」いると見抜いたのは妻でした。自宅に帰ってようやく「ゆだねる」の意味が分かっている人に出会えてホッとしたことを覚えています。新幹線どころか、電車でもバスでも乗るときには「ゆだねて」います。なぜか飛行機や船に乗るときは「落ちるのではないか」「沈没するのではないか」と思ったりしますが、電車は何も考えずに乗っています。車の運転席に乗る人も、ハンドルを右に切れば右に曲がると思っているとするなら車に「ゆだねて」おり、ブレーキを踏めば止まると思っていることも「ゆだねて」いることになります。それを言い出すとトイレに入ったら流れると思っていることもトイレにゆだねていることになり、およそ私たちの生活はゆだねることなしに成立しないことに気づかされます。

Ralf KunzeによるPixabayからの画像

「また、イエスは言われた。『神の国は次のようなものである。人が地に種を蒔き、夜昼、寝起きしているうちに、種は実を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。地はおのずから実を結ばせるのであり、初めに茎、次に穂、それから穂には豊かな実ができる。実が熟すと、すぐに鎌を入れる。収穫の時が来たからである』」(新約聖書マルコによる福音書4章26節以下)。昔は自動車もトイレもなかったので、イエスは種でたとえたのです。大手企業のエンジニアは知りませんが、私たち普通の人はどうして車が走るのかも分からずに車に乗っており、どうして電話がつながるのか、どうしてメールが届くのかも知らずにスマホもメールもZoomも利用しています。現代の科学技術に自らをゆだねているのです。

ある伝道者は高校受験のころ周囲にクリスチャンが多かったようで「ゆだねるのよ! ゆだねるのよ!」と言われ、「そんなにゆだねて落ちたらどうするんだ」と思って必死に勉強したと言っていました。でも、ゆだねるというのは努力しなくなるという意味ではないのです。いまも私は先々のことを考えて必死で努力しています。その礼拝出席者数5人の教会も、昨年に実家に滞在したときには10人になっていました。ゆだねていますが、努力をおこたらない教会でした。「ゆだねる」とは、「周囲を信頼する」という意味なのです。自分のことは自分で決めますが、世の中は自分の努力とは無関係なことの割合がとても大きいのです。努力しつつ、周囲を信頼して生きていきたいです。

神とのつながりがなければ教会じゃない? 【発達障害クリスチャンのつぶやき】

関連記事

 

オンライン献金.com