【訃報】 関口安義さん(都留文科大学名誉教授)

せきぐち・やすよし 文芸評論家。12月17日、心不全のため逝去。87歳。は12月22日(木)午後5~6時半、日本会浦和(さいたま市浦和区仲町)で。喪主は長男の和義さん。

1935年、埼玉県生まれ。早稲田大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。、文教大学教授を経て、都留文科大学名誉教授。中国・河北大学、・オレゴン大学、ニュージーランド・ワイカト大学などで客員教授を務める。専門は日本近代文学。著書に『評伝豊島与志雄』(未来社)、『』(岩波新書)、『特派員芥川龍之介』(毎日新聞社)、『「羅生門」を読む』(小沢)、『芥川龍之介とその時代』()、『恒藤恭とその時代』(日本エディタースクール部)、『賢治童話を読む』(港の人)、『芥川龍之介新論』(翰林書房)などがある。

関連記事

この記事に関連して

クリプレ全体から検索

 

オンライン献金.com