8月4日 イザヤ書46章4節

あなたたちは生まれた時から負われ、胎を出た時から担われてきた。同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで、白髪になるまで、背負って行こう。
イザヤ書46章4節(参考箇所同書46章1〜13節)

わたしたちは、しっかりした、びくともしない信仰を持たなければ一人前のキリスト者とはいえないのでしょうか。「えっ、あの人もクリスチャン?」と、他ならぬわたしを指して人は言っているのではありませんか。まことにその通りであります。我ながらクリスチャンを名乗るのもおこがましく、「クリスチャンとはとても言えないのですが」と言いながら、教会に連なっているのが偽らざる姿でしょう。にもかかわらず、そのはしくれクリスチャンがキリストの体である教会を形成している事実をどう受け取ればよいのでしょうか。

キリストに背負われているからです。わたしは歩いていませんが、キリストがわたしの足の代わりに歩いていてくださいます。わたしが歩けばよろめきますが、キリストの足はよろめきません。わたしの行く手はキリストが行かれる方向です。わたしは眠っていますが、キリストが運んでくださいます。わたしのいるところは、キリストがおいでになるところです。これがキリストに背負われたわたしの姿です。しかもこの姿は「老いる日まで、白髪になるまで」続くと主は言われるのです。

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com