あなたと共にどこまでも【ルーテルアワー・聖書講座】

ルーテルアワー・聖書講座 

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
一日一日、目覚めに感謝していたら暦がどんどん進み、もう今年も半年を過ぎてしまいました。
もうすでに今年もいろいろなことがありました。
でも、どの一瞬一瞬も神様あなたが私と共におられなかった時はありません。
神様あなたが共におられることに何度感謝ができたのでしょうか。
それでも私を大切に思って下さり、神様あなたは私から決して離れることはありません。
ありがとうございます。

これから語られますみことば、この語る者を通して、ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

【参照聖書 ルカによる福音書2章7〜8節】
初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。(7節)

お一人おひとりにとって一日一日が大切な日だと思います。神様があなたと共におられないときはあったでしょうか。残念ながら神様があなたと共におられないときはありません。今までも、そしてこれからもです。「そんなことわからないじゃないか」と思われる方もおられるかもしれませんが、わからなくて見えない方だからこそ信じられるのです。「神様はどこにおられるの」と聞きたくなるような悲しみや苦しみにであわれたことは、お一人おひとりに何度あったでしょう。しかし、これからもあります。神様はどこにおられるのでしょう。

今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所において、神の子であるイエス様はどこでお生まれになったでしょうか。家畜小屋です。それこそ「こんな所に人間がいるわけがない」と思われるような臭くて不衛生で暗くて寒いであろう所にイエス様はお生まれになられたのです。

ここにも神様は共にいてくださる。私たちの常識でははかることができない愛が一人ひとりと共におられます。これから始まる新しい一日も神様に感謝して歩めますように。

 

オンライン献金.com