3月13日「あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」

ペ卜ロは「鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われたイエスの言葉を思い出した。(マタイによる福音書26章75節)

主イエスを裏切ったユダとペトロの態度を比較すると、ユダがペトロよりも特にひどい罪を犯したとは言えない。大祭司の屋敷で裁判の成り行きを見ていたペトロは、人々から「あなたもガリラヤのイエスと一緒にいた」と言われて、三度これを否定し、「そんな人は知らない。これが嘘なら、神に呪われても良い」と言った。一方、ユダは主イエスをユダヤの指導者たちに「引き渡した」だけである。ユダは主イエスに有罪の判決が下ったのを知って後悔し、「わたしは罪のない人の血を売り渡し、罪を犯しました」と告白し、受け取った銀貨30枚を返そうとした。結果としてペトロは立ち直り、ユダが滅んでしまったのは、なぜだろうか。

裏切ったペトロは、鶏が鳴いた時、主イエスが語った今日の聖句を思い出した。その時、彼は取り返しのつかない罪を犯した惨めな自分を知っただけでなく、主が自分の弱さを知り抜いていて、祈ってくださっていることを知ったのである。ペトロは自分のために十字架につかれた主イエスの愛の懐(ふところ)に飛び込んだ。主は悔い改めて立ち帰った彼を受け止め、再び立ち上がらせてくださった。一方、ユダは後悔したが、彼の罪をも負われる主の愛の懐に飛び込まなかった。彼は首を吊って自分で決着をつけた。自分の罪や惨めさを知って後悔しても、悔い改めて主に立ち帰らなければ何も生まれない。ユダが死んだ理由はこれである。「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」(Ⅱコリント7・10)。

Share

あわせて読みたい

None found



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com