宣教師に嫌われた戦国武将、龍造寺隆信

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1529年3月24日 龍造寺隆信の誕生日

龍造寺隆信は戦国時代、肥前国の戦国大名で「肥前の熊」と呼ばれ九州三強の一人とされました。

キリシタン大名として有名な有馬氏や大村氏と対立していたため、宣教師からは「味方の敵」ということで、恐れられていました。隆信さんとしては、有馬氏や大村氏のように西欧の文化や鉄砲を取り入れるために、自領にも宣教師を呼びたかったようで、なんども「宣教師さん、来てください」と手紙を送ったりしたのですが、なかなか宣教師が行くことはありませんでした。ようやく一度宣教師が訪れても、隆信側が領内でのキリスト教布教を許可しただけで、公益については約束を締結することはできませんでした。どうしてこんなことが起きたかといえば、有馬氏や大村氏が、敵の龍造寺家に鉄砲などの兵器が渡るのを防ぐために、龍造寺をことさらに悪く伝えたというのが真相のようです。

のちに息子の後藤家信がキリシタンになろうとしたときには、猛反対してやめさせたという話が残っています。もちろん、もともと彼自身にはキリスト教への関心はなく、ただ鉄砲が欲しかっただけという面もあるとは思いますが、
宣教師にそんな扱いをされればたとえもともとキリスト教自体に興味があったとしても、キリスト教を嫌いになるのも無理がない気がします。

ただ、宣教師の間でも彼の戦上手については評価していたようで、ルイス・フロイスは「あのカエサルでもこんなに細心の注意と配慮、そして決断はできなかっただろう」と記録しています。そんな戦上手だったからこそ、「こんな奴に鉄砲なんて持たせたらいよいよ手が付けられない」と、余計に警戒されたのかもしれませんが。

それではまた明日。

 

 

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円
※金額のご指定も可能です。
金額をご指定

オンライン献金.com