アインシュタインが信じた「神」とは?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1879年3月14日 アルベルト・アインシュタインの誕生日

アインシュタインは20世紀最大の科学者であり、彼の建てた相対性理論はあまりにも有名です。また同時にあまりにも難しくもありますが。しかし「光がすべての基準である」という考え方は、聖書にも一致します。なぜなら旧約聖書の創世記で、神様が一番初めにつくったものは光だからです。

アインシュタインは量子論のボーアと議論したときに言った「神はサイコロを振らない」というセリフが有名になって、「アインシュタインは神様を信じていた」と、特にクリスチャンの間では話題になることが多いのですが、彼が信じていたのはキリスト教的な人格神ではなかったようで、「自然法則が神であり、それを解き明かすことが科学者の役目である」と考えていたようです。また「私が信じるのはキリスト教の神ではなく、スピノザの神です」とも言いました。スピノザというのは17世紀の哲学者で、「神はあらゆるものに内在するものである」とする汎神論を唱えた人です。日本の一般的な宗教観に近い考え方です。アインシュタインが大の親日家であったのも、日本のそんな「神観」が肌にあったからかもしれません。天ぷら弁当がお気に入りだったそうです。

それではまた明日。

 

 

Share

Related Posts


ハンガーゼロPC

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com