ピーター・パンとダビデ王の意外な共通点

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1904年12月27日 『ピーター・パン』が初演された日

『ピーター・パン』はディズニー映画として有名ですが、もともとはジェームス・バリーという人が舞台用に書いた戯曲『ピーター・パン:大人にならない少年』という作品で、それが初めて演じられたのが1904年の12月27日です。ディズニーの映画になったのは1953年ですから、約半世紀前ということになります。

日本の舞台で『ピーター・パン』が演じられる時は、主役のピーター・パンは女性が演じるのが通例になっていますが、これは1904年の初演の時もそうだったようです。また、ジェームス・バリーは晩年に旧約聖書のダビデ王の少年時代を描いた『少年ダビデ』という戯曲を書きましたが、こちらの作品も主役のダビデは女性が演じていました。今では少年役を女性が演じるのも当たり前になっていますが、当時は珍しいことでした。ダビデとピーター・パンの意外な共通点。これから聖書でダビデのシーンを読むときはピーター・パンを想像すると楽しいかもしれません。

ちなみにこの作品のヒロインはウェンディという名前はこの当時には非常に珍しい名前でしたが、この作品のヒットによって子どもにウェンディと名付ける親が急増し、今では一般的な名前になっています。『鬼滅の刃』を観て「炭治郎」とか、その登場人物の名を子どもにつけるようなものですかね。好きなアニメのキャラの名前を子どもにつけるのって、現代に特有の現象ではなくて、昔からあったんですね。

それではまた明日。

Share

あわせて読みたい



クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

オンライン献金.com