「英雄」ナポレオンの名前を破り捨てた「楽聖」ベートーヴェン 

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

1770年12月16日 ベートーヴェンの誕生日

ベートーヴェンは「楽聖」と呼ばれ、世界で最も有名な作曲家の一人と言えるでしょう。また、40歳頃に完全に聴力を失いましたが、それでもなお精力的に作曲活動を続けた「英雄」としても多くの人の心に刻まれています。ちなみに今年、2020年は彼の生誕250年の記念イヤーということで、様々な催しが行われたようです。コロナウイルスのせいで中止や縮小も多かったとは思いますが。

ベートーヴェンはナポレオン・ボナパルトに共感して交響曲第3番「英雄」を書きました。しかしその曲の完成後、ナポレオンが皇帝に即位したという知らせを聞くと「彼もまた凡人に過ぎなかったか!」と激怒し、彼の名が記された楽譜の表紙を破り捨てたのだそうです。

生涯をカトリック信徒として過ごしましたが、あまり熱心ではなかったらしく、三曲の宗教曲を残している一方で「キリストは磔(はりつけ)にされたユダヤ人にすぎない」と爆弾発言をしたりもしています。ただ、彼は普段から周りの人に対して、優しく接したかと思えば癇癪(かんしゃく)を起こしてものを投げつけたりと、一貫性のない態度をとっていたようですから、このキリストについての発言もどこまで彼の本音なのかはわからないところです。とはいえ、ギリシア思想やインド思想にも興味を持ち、かなり勉強したようですから、いわゆる「盲信的な」信仰は持っていなかったとは思われます。

また、彼がどうして聴力を失ったかについては諸説あり、まだ決定的な説はありません。一説には「本当は聴こえていた」説まであります。しかし彼の残した作品の偉大さはたとえ耳が聴こえていようといまいと、少しも変わらないものであると思います。

それではまた明日。



オンライン献金.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。