【新生宣教団】 ペテロとパウロ。初代キリスト教会の2大リーダーについて【ざっくり解説】

新生宣教団

ペテロトパウロ

こんにちはTaroです。
キリスト教でよくその名を耳にするペテロパウロですが、皆さんはどういう人かご存知ですか。
聖書や教会にあまり馴染みのない方々には、よく聞くわりに一体どういう人なのか、何をした人なのか、どっちがどっちだかよく分からないという方も多いかもしれません。

刑事コロンボ
刑事コロンボも「ピーター」

一方で、ペテロは英語でPeter(ピーター)、パウロはPaul(ポール)と表記され、ペテロやパウロを名前にもつ人々も世界では数多くいます。
有名なところでは、ピーター・ドラッカー(経営学者)、ピーター・オトゥール(俳優)、ピーター・ポール&マリー(フォークグループ)、ジャン=ポール・サルトル(哲学者)、ジャン=ポール・ゴルチエ(ファッションデザイナー)、ポール・マッカートニー(ミュージシャン)、ポール・ゴーギャン(画家)等など枚挙にいとまがありません。あっピーターで言うと刑事コロンボの名優ピーター・フォークなどもいましたね。(上げた名前は全般的にちょっと古いですかねw)。また人名ではないですが、立教大学の別称はセント・ポールでしたね。

今日はそれほどに世界に大きな影響を残したと思われる、初代教会の指導者ペテロとパウロについて駆け足で見ていきましょう。

TaroWriter ProfileTaro

プロテスタント教会の信徒で新生宣教団の職員。前職から印刷に関わり活版印刷の最後の時代を知る。
趣味は読書(歴史や民俗学関係中心)。明治・江戸の世界が垣間見える寄席好き。カレー愛好者でインド・ネパールから松屋のカレーまでその守備範囲は広い。

ペテロについて

ペテロの生い立ちとなりわい

ペテロを弟子にするイエス
ペテロを弟子にするイエス

ペテロは、ガリラヤ湖畔ベツサイダ出身でカペナウムに住む漁師でした。
ちなみにペテロははじめからペテロと呼ばれていたわけではありません。バルヨナ・シモン(サイモン)という名でした。バルヨナとはヨナ(ヨハネ)の息子という意味で、シモンは12部族の一つシメオン族にちなむ名前です。
一方ペテロとはギリシア語で「岩」の意味で、ヘブル語ではケパと言います。それはイエスによってつけられた愛称(ニックネーム)なのですが、それが後に彼自身をあらわす名前となりました。

彼はユダヤ人として必要な旧約聖書の知識はもっていたと思いますが、体系的な学問をしていたとは考えづらく、無学かそれに近い状態だったのではないかと思われます。(使徒4:13)
また、イエスによってその姑が癒やされる記事(マタイ8章、マルコ1章、ルカ4章)から、結婚していたであろうことが伺われます。

ペテロのイエスとの出会い

ガリラヤ湖で漁をしていたシモン(ペテロ)と兄弟アンデレをイエスは見出して、声をかけられました。

わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう
(マタイ4:19)

それに対して彼らはすぐに応じて網を捨てて従ったとあります。
また、イエスは出会いの時に次の言葉もかけられました

あなたはヨハネの子シモンである。あなたをケパ(訳せばペテロ)と呼ぶことにする
(ヨハネ1:42)

ペテロはイエスの12弟子の一人12弟子の内、最初に声をかけられたのがアンデレとペテロだったのですね。
そして最初の時からイエスは彼にペテロという愛称をあたえたのでした。
聖書の記述は簡潔なので、行間にどのような心の動きがあったのかはわかりませんが、不思議にも彼らは全てを捨てて従ったとあります。
この出会いで彼の人生は大きく変わることになったのでした。

真っ直ぐな性格で、少しおっちょこちょい?

復活の主のもとに走るペテロ(右)
復活の主のもとに走るペテロ(右)

ペテロは人間味あふれる性格で、聖書はそれを隠さず記述しているところがまた嬉しいですね。

イエスを真似て荒れる湖に足を踏み出し、実際に歩きはじめたものの、風を見て怖くなり沈みかけたところをイエスに助けられて「なぜ疑ったのか」とたしなめられたり(マタイ14章)、イエスの姿が栄光に輝き、モーセとエリヤと会話された様子を目撃したペテロは、興奮で何を言ってよいかわからず「3人のために小屋を3つ建てましょう」などとパッと言ってしまったり(ルカ9章)、イエスが公生涯最後の段階で弟子たちの足を洗って愛し仕える模範を示そうとしたときも、「そんな事決してなさらないでください」と言い、「それならお前はわたしと何の関係もなくなる」とイエスに返されると、今度は「足だけでなく、手も頭も」と言ってしまいまた諭されるなどという場面もありました。(ヨハネ13章)
また、復活の主に出会い豊漁の奇跡を見せられたときも、それが主だとわかった途端に裸でいることが恥ずかしくなり、服をまとって湖に飛び込んだところなども微笑ましいですね。(ヨハネ21:7)
皆さんの周りにも思ったことをすぐに口にする、似たタイプの人はいませんか。何か憎めないですよね。
そんな人間味あふれるペテロをイエスはそのまま愛されて、その失敗や不完全さも受け入れて成長へと導いたのだと思います。

【新生宣教団】ペテロとパウロ。初代キリスト教会の2大リーダーについて【ざっくり解説】続きはこちらから….

関連記事

ハンガーゼロ 人材育成セミナー

 

オンライン献金.com